1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都市美術館
  5. 京都市美術館コレクション展 第2期 「京焼歴代展-継承と展開」

京都市美術館コレクション展 第2期 「京焼歴代展-継承と展開」

2014/12/16 ~ 2015/02/15


【京都市美術館】

京都市美術館

宮永東山(初代)《彩釉蕪文花瓶》1905年

京都市美術館の所蔵作品を毎回テーマを定めて紹介しているコレクション展。今回は「京焼」を取り上げます。

京都を代表する工芸である京焼。その歴史は17世紀初頭、少なくとも慶長10年(1605)には始まっていたとされます。
その後、寛永年間には主に中国茶器の写しや天目茶碗を中心とした粟田口焼(粟田焼)が生産され、同じ頃に八坂焼、そして清水焼は寛永20年(1643)には 存在が確認されています。この他にも、御室焼や御菩薩池(みぞろがいけ)焼、修学院焼など、京都ではさまざまな焼物が生まれました。
これら京都で作られる焼物を総称した言葉が「京焼」です。

京焼は伝統を受け継ぐとともに海外や他の地方の技や文化を取り入れるなどして、常に継承と展開の歴史を重ねてきました。
そのなかで、今日までに数多くの名工や優れた作家が輩出されてきました。

今回の展覧会では、主に明治期から今日までに京都で3代以上続いている作家や陶工の作品を展示し、京焼の新世紀を展観します。
河井寛次郎、河合卯之助、清水六兵衛、近藤悠三、宮永東山など、京都を代表する作家歴代の作品を通し、何が受け継がれ、新に展開しているのかを考えます。
さまざまな技術や文化が取り込まれ、他の焼物にはない多様性という特徴を持った京焼。その歴史と魅力をご堪能ください。


CHECK POINT

【関連イベント】記念講演会「京焼の美」

日時:2014年2月11(水)14:00~15:30(13:30開場)
講師:中ノ堂一信氏(京都造形芸術大学大学院客員教授)
会場:京都市美術館講演室
料金:無料
定員:先着80名(申込不要)


【関連イベント】講演会「京焼にみられるコラボレーション」

日時:2014年2月14日(土)14:00~15:00
講師:尾﨑眞人氏(京都市美術館学芸課長)
会場:京都市美術館講演室
定員:先着80名(申込不要)

【関連イベント】ギャラリートーク

日時:2014年2月1日(日)、8日(日)、15日(日)各日15:00~16:00
会場:京都市美術館 展示会場内
料金:無料
※予約不要。参加には展覧会の入場券が必要です。

【関連イベント】ワークショップ

【1】My Valentine 猪口を創ろう


バレンタインのプレゼントに、チョコレートならぬお手製のお猪口(ちょこ)を贈るのはいかが?
現役の陶芸作家の指導の下、2種類のお猪口を制作します。

日時:2014年1月25日(日)13:00~16:30
講師:伯耆正一氏(陶芸作家/日展審査員)、伯耆葉子氏(陶芸作家)
会場:京都市美術館 講演室
料金:2,000円(要申込)
定員:30名(小学生以上対象・低学年のお子様は保護者の方の同伴が必要です)

【2】カラフルな羊のお皿を創ろう


2015年の干支は「羊」。手作りスタンプで色をつけて、羊の形のカラフルなお皿を作りましょう。

日時:2014年1月11日(日)13:00~15:00
講師:大前 史氏(陶磁器作家)
会場:京都市美術館 講演室
料金:1,000円(要申込)
定員:15名(小学生以上対象・低学年のお子様は保護者の方の同伴が必要です)

【3】装飾ワークショップ-土を飾る模様と楽しみ


陶器の素地にさまざまな模様を施して、陶板やペーパーウェイトを制作します。

日時:2014年1月31日(土)13:00~16:00
講師:川尻 潤氏(陶芸家/美術家)
会場:京都市美術館 講演室
料金:1,500円(要申込)
定員:20名(小学生以上対象・低学年のお子様は保護者の方の同伴が必要です)

《申込方法》
「参加者の氏名」「連絡先(電話番号またはメールアドレス)」「希望ワークショップ」
上記3点を明記の上、はがき・メールにて下記あて先までご連絡ください。

あて先:〒602-8344 京都市左京区岡崎公園内 京都市美術館WS係
メール:bijutsukan@city.kyoto.jp

※申込締切:2015年1月5日(応募多数の場合は抽選)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗