1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都大学総合博物館
  5. 2010年春季企画展「科学技術Xの謎-天文・医療・文化財 あらゆるものの姿をあらわすX線にせまる-」

2010年春季企画展「科学技術Xの謎-天文・医療・文化財 あらゆるものの姿をあらわすX線にせまる-」

2010/04/28 ~ 2010/08/29


【京都大学総合博物館】

京都大学総合博物館

1895年、レントゲンによって発見されたX線は、近代の科学技術の中でも最大の発見の一つです。

X線というと、殆どの人は病院でのレントゲン写真や空港での手荷物検査を思い浮かべるのではないでしょうか。しかし、実は私たちの想像をはるかに超える多くの分野で、X線は利用されています。
例えば宇宙のブラックホールの様子を調べる、文化財の目に見えない塗料の成分を分析する、タンパク質の構造を明らかにする...など、この科学技術は、医学、天文学、考古学から工学、薬学など、非常に幅広い学問分野を支えているのです。

旧制第三高等学校教授であった物理学者 村岡範為馳(のちに京都帝国大学教授)は、1896年、つまりレントゲンがX線を発見した翌年に、島津製作所との連携によって、X線発生に成功しました。京都大学総合博物館では、村岡がはじめてX線の発生に成功した装置のほか、日本のX線研究の原点ともいえるX線技術史資料を所蔵しています。

この企画展では、これらの貴重な技術史資料を展示するとともに、X線という技術を通して見ることのできる、ロボットや生きもの、宇宙の姿などを紹介します。
村岡の実験から115年目の今日にいたるまで、X線が社会に対してどのような貢献をしてきたのか、どのような価値をもたらしたのかを、研究者の歩みとともにご覧ください。

また、今回期間限定展示として、X線写真でみる「マリア十五玄義図」と古代エジプトの「鳥ミイラ」の展示が2010年5月12日(水)から6月13日(日)まで、京都大学総合博物館の2階・第1企画展示室で開催されます。X線研究の対象となった貴重資料の実物が期間限定で見られる機会です。こちらも併せてご覧下さい。
CHECK POINT

基本から最先端技術まで!X線が良く分かる、公開講座

展覧会と連動して全4回の公開講座が開催されます!
「科学技術X線」をテーマに、その基本的な仕組みから最先端技術の解説、京都での産学連携の先駆けともいえる村岡範為馳と島津源蔵(島津製作所の創業者の息子)の研究開発エピソードの紹介、研究現場でのX線の具体的な利用法などを分かりやすく解説します。(事前申し込みが必要です)

第1回:6月5日(土)【X線解体新書ーレントゲンからSPring-8までー】

講師 北村英男 [理化学研究所XFEL計画合同推進本部光源研究開発グループディレクター]

第2回:6月12日(土)【京都大学創立期の村岡範為馳と島津源蔵ーX線を支えた連携】

講師 西山伸 [京都大学大学文書館准教授] 左近茂樹 [島津創業記念資料館館長]

第3回:6月19日(土)【X線でひもとく木の文化】

講師 杉山淳司 [京都大学生存圏研究所教授]

第4回:6月26日(土)【宇宙を駆けるX線:元素の合成と輪廻

講師 小山勝二 [京都大学名誉教授]

時間:各日13:00~16:00 
会場:京都大学総合博物館2階セミナー室
受講料:6,200円 定員:30名
官製はがき・電子メール・FAXのいずれかでお申し込み下さい。はがき表または件名に
「公開講座申込」と明記し、必要事項を記入のうえ、ご送付ください。

必要事項:(1)住所 (2)電話番号 (3)氏名(ふりがな) (4)年齢 (5)職業
申込締切:2010年5月13日(木)
送付先:〒606-8501京都市左京区吉田本町 京都大学総合博物館
公開講座申込専用アドレス:koukai@inet.museum.kyoto-u.ac.jp

※応募者多数の場合は抽選となります。
※全講義を通しての受講料です。受講決定通知後に受講料の振込みが必要です。
納められた受講料は返金できません。
※申込は1人1通とし、複数の申込は無効です。申込の受付採否は後日お知らせします。
※取得した個人情報は、京都大学総合博物館にかかる関連行事以外の目的で使用することはありません。

ニュース・新聞でも話題、古代エジプトの「鳥ミイラ」も期間限定展示!

展覧会と併せて、2010年5月12日~6月13日の期間限定でX線で見る隠れキリシタンの宗教絵画「マリア十五玄義図」と古代エジプトの「鳥ミイラ」の展示が行われます。

「鳥ミイラ」はエジプト・アビドスからの発掘品で、1916年にイギリスのエジプト調査隊から京都大学に贈られたもの。長く何の鳥なのかは不明とされてきましたが、先日X線調査が行われ、その正体が、エジプトでは学問の神として崇められていた「トキ」であることが判明。
ニュースや新聞でも取り上げられ話題となりました。
X線によって1世紀ぶりにベールを脱いだ、実物資料とX線写真。併せて、科学技術がもたらした発見を味わってみて下さい。

鳥ミイラの正体はトキ エックス線で解析 1916年英、京大に寄贈(京都新聞/2010年4月16日)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗