1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都伝統産業ふれあい館
  5. 京都市収蔵品展(陶磁器)

京都市収蔵品展(陶磁器)

2013/11/08 ~ 2013/12/15


【京都伝統産業ふれあい館】

京都伝統産業ふれあい館

京都市では、京都の町の隆盛を支えてきた「ものづくり」のこころと精緻を極めた職人技を継承するために、「伝統産業『京の職人さん』雇用創出事業」として伝統工芸品の制作の委託を行ってきました。これらの収蔵品は、京都伝統産業交流センターで保管管理されており、様々な場所に貸出・展示されています。しかしその中には、一般の方々の目にふれる機会のない作品も多々ありました。

そこで今回は、数ある京都市収蔵品の中から京焼・清水焼を中心に展示会を行います。

京焼・清水焼の創始は、雄略天皇の時代(5世紀後半)とされており、平安京の造営と共に焼きもの造りが本格化し、安土・桃山時代、茶の湯の流行により本格的な製陶が始まったとされています。
その後、江戸時代末期には京都は日本の陶芸のメッカになっていきました。

明治以降も、西欧の新しい技術・技法を取入れ、伝統を引き継ぎながら新しい創作も行っています。 今回、職人さんの高度な技術を用いた京焼・清水焼の作品の美と技に触れていただき、今一度、生活の中にこれら陶磁器を取り入れていただく機会になれば幸いです。
 

同時開催「Kyoto Life Style miyabi ~暮らし・彩る・京もの~(陶磁器)」展

今回の展覧会では、京都伝統産業交流センターが運営している京もの専門店「みやび」に出展している“つくりて”によるギャラリー展示を同時開催します。
来館者の方に、京都の伝統産業である京焼・清水焼の匠の技とその素晴らしさを鑑賞して頂き、京都の伝統産業に対する理解を深めていただければ幸いです。

京もの専門店「みやび」


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗