1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都市立芸術大学 ギャラリー@KCUA(アクア)
  5. 京都芸大日本画の現在ーカリキュラム-

京都芸大日本画の現在ーカリキュラム-

2014/11/22 ~ 2014/12/07


【京都市立芸術大学 ギャラリー@KCUA(アクア)】

京都市立芸術大学 ギャラリー@KCUA(アクア)

京都市立芸術大学日本画専攻は、前身にあたる京都画学校が設立された1880年以来、その伝統を継続する教育を行い、多くの著名な作家を輩出すると同時に、一貫して写生を軸にした基礎教育を行ってきました。自然への共感と対話を通じて豊かな精神を養い、自己研鑽を行うことを目的とし、絵画表現以外の領域でも活躍できる人材を育成し続けています。

日本画専攻のカリキュラムを紹介するシリーズ展の第3回目となる今回は、日本画の特徴のひとつである「線」の意識を養う課題にスポットを当てます。
日本画、ひいては東洋絵画の基礎であり特徴のひとつである「線」は、装飾性との結びつきを指摘されるなど、様々な解釈を可能にしています。京都市立芸術大学日本画専攻では、1回生で「鳥獣戯画」模写、2回生後期以降に人体デッサンを行い、「線」への基礎的な認識を学びます。
これらは、「線」の解釈を古典作品の技法解釈から現代的な日本画製作に結びつける、重要な課題となっています。

今回は、実際に学生が課題を通して制作した「鳥獣戯画」模写作品と人体デッサンを並列展示します。また、同時に課題後に制作された学生の日本画作品も展示します。ぜひこの機会にご高覧ください。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗