1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立近代美術館
  5. 京都新聞創刊130年記念 京都学「前衛都市 モダニズムの京都」1895-1930

京都新聞創刊130年記念 京都学「前衛都市 モダニズムの京都」1895-1930

2009/06/09 ~ 2009/07/20


【京都国立近代美術館】

京都国立近代美術館

時代を超えて、京都に花開いた文化は、様々な角度から語られてきました。

近代の美術では、日本画における京都画壇の流れ、田村宗立・浅井 忠らによる洋画界の胎動、そして陶芸・漆芸・染織など工芸界の「伝統と変革」の軌跡、さらには京都市内に今も点在する洋風建築への関心の高まりなど、これ らの動向は、展覧会でもしばしば取り上げられ、近代における「京都美術」の概念の輪郭は、すでに定まったかに思われます。
また、近年では「京都学」という言葉にも象徴されるように、あらためて京都の歴史や風土に関心が高まっています。

しかしながら、この展覧会では、単に歴史事実を振り返るのではなく、新たな視点を設定し、あらためて「近代京都」の持つ多様な文化について再考していきます。

現在京都国立近代美術館が建つ岡崎の地では、1895(明治28)年に第四回内国勧業博覧会が開かれ、同時に「平安遷都1100年記念祭」のシンボルとして、伊東忠太が設計した平安神宮が建立されました。
博 覧会開催の年に発行部数3000部を数えていた京都新聞の前身「日出新聞」は、「平安神宮大極殿地鎮祭」で、当時の先進的な疏水・電気事業の象徴ともなる イリュミネーションに彩られた大鳥居を寄贈し、「平安遷都1100年記念祭」と「第四回内国勧業博覧会」の開催気運を盛り上げました。
また、京都の工芸界の発展に大きく貢献した技術者、ゴッドフリート・ワグネルの巨大な顕彰碑も、後年、岡崎公園に建てられています。
「近代京都」はまさにここ岡崎の地から幕を開けた、とも言えます。

この展覧会では、第四回内国勧業博覧会を起点として、「明治モダニズム都市・京都」「第四回内国勧業博覧会の波紋」「工芸の新展開:ワグネルの遺産」「前衛都市・モダニズムの京都」の四枠構成で、近代京都の姿を見つめなおします。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗