1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都市考古資料館
  5. 特別展示「京都 秀吉の時代」

特別展示「京都 秀吉の時代」

2009/11/01 ~ 2010/10/31


【京都市考古資料館】

京都市考古資料館


京都は794年の平安京の遷都以来現在まで、数多の激動の時代を経ながらも、都市として生き続け、そして日本の文化の中心地としての不動の位置を保ち続けています。
それは現在の京都が平安京が造営された当時の「碁盤の目」の区画を踏襲しながらも、それぞれの時代を象徴する建築物が数多く現存していることからもうかがえます。

この展示では、その京都を大きく変貌させた時代のひとつとして「秀吉の時代」にスポットを当てます。
豊臣秀吉の統治した時代は僅か十数年間ほどではありましたが、にも関わらずその遺構は規模もさることながら独創性や斬新性は他の時代を圧倒する感があります。
農民から身を立て、関白となった秀吉が京都、そして日本をどのように変えようとしたのでしょうか。
それを、聚楽第、御土居、方広寺、伏見城など秀吉縁の遺跡を発掘調査の成果からながめます。


 


CHECK POINT

資料の数々から、「今の京都」に続く時代を省みる。

展示では、京都市内にある秀吉が築いた聚楽第や御土居などの遺跡から出土した遺物や、発掘調査の様子を記録した写真パネルなどを展示。
聚楽第・伏見城の武家屋敷跡から出土した金箔瓦や鬼瓦、方広寺や本能寺跡から見つかった特徴的な瓦などは、現在は見ることのできない秀吉縁の建築物の様子を偲ばせます。
また、タイやベトナムなど異国から貿易によってもたらされた漆壺なども出品されます。

ほか、伏見桃山城にある黄金の茶器セットや、聚楽第の武家屋敷跡から出土した黒茶碗や伏見城跡にあった志野焼の水指など、「茶の湯と黄金の時代」とも言っても過言ではない、秀吉の時代らしい品々も見ることが出来ます。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗