京薩摩

2012/08/24 ~ 2012/11/18


【清水三年坂美術館】

清水三年坂美術館


薩摩焼は、桃山時代に朝鮮半島より連行された陶工たちによって始められた焼物です。
薩摩藩主の御用窯であった苗代川窯では、幕末になると金彩色絵の絢爛豪華な焼物が作られるようになりました。

江戸時代最後の年(慶応3・1867年)、日本が初めて参加した万国博覧会(パリ万博)では、単独で参加した薩摩藩が薩摩焼を出品し、高い評価を受けました。
日本が国家として初めて参加した時も、十二代沈壽官(現在は十五代)をはじめとして大量に金彩色絵の薩摩焼を出品しています。
作品は飛ぶように売れ、その後薩摩焼は日本の近代化を急速に推し進めようとしていた明治政府のための輸出商品の花形として育っていきました。



その後、東京、横浜、神戸、大阪、京都、金沢などでも薩摩風の焼物が焼かれ、大量に輸出されるようになります。
京都では、粟田焼として名高い三条粟田口の窯元で、明治初期から大正期にかけて大量に薩摩風の焼物が生産され、これは「京薩摩」と呼ばれていました。本薩摩と比べて、より繊細で雅やかなところが特徴で、たちまち欧米人達を虜にし、一時期は生産量で本薩摩を凌ぐ程であったといいます。

しかしその後、日本は急速に工業化を推し進め、工芸から工業への人材が移っていくことになります。加えて人件費の高騰、意匠のマンネリ化などもあり、京薩摩も急速に衰退していきました。

現在、本薩摩のことは知っていても京薩摩を知る人はあまり多くはありません。それは、京薩摩が元々輸出用の焼物であること、しかも現在は作られていないという事情も関係しているのでしょう。
わずか数十年の間だけ花開いた京薩摩。華麗な色彩と精緻を極めた描線の美をご高覧下さい。

CHECK POINT

【関連イベント】ギャラリートーク

村田理如館長が直接ご案内・解説をして下さいます。
実際に展示されている作品を見ながらのギャラリートーク形式です。
※参加者多数の場合は先着優先となりますので、ご了承ください。

日時:2012年9月23日(日)14:00~15:00
参加費:無料(美術館入館料は別途必要です)

【関連イベント】特別鑑賞会「京薩摩の名品を愛でる」

大正時代創建の元お茶屋の座敷「津田楼」にて、清水三年坂美術館に収蔵されている京薩摩作品を、実際に手に取ってご覧頂ける特別鑑賞会を行います。

解説:村田理如(清水三年坂美術館館長)
日時:2012年10月26日(金)、27日(土) 各日11:00~13:30
参加費:8,000円(税込・前納制) 昼食・当館入館券付
持ち物:マスク

会場:「津田楼」 http://tsudaro.com/
【アクセス】
京阪「祇園四条」駅もしくは阪急「河原町」駅下車、徒歩5~10分。
京都市バス「祇園」下車、徒歩5~10分。

申込方法


お名前、ご住所、電話番号、同行人数、同行者名をご明記の上、E-mailまたはFAXにてお申し込みください。
美術館受付でも申し込み可能です。

※各回定員は18名(参加人数5名以上
で開催)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗