1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立博物館
  5. 特集展示 雛まつりと人形

特集展示 雛まつりと人形

2018/02/20 ~ 2018/03/18


【京都国立博物館】

京都国立博物館

賀茂人形 内裏雛 江戸時代(19世紀)京都国立博物館

京都国立博物館恒例の雛祭り特集展示です。

3月3日の雛まつりは古くから行われているように思われまていますが、人形を飾ってこの日を祝うようになったのは、実は江戸時代の初めとされています。

当時の雛人形には、その時代の元号を冠して呼ばれる寛永雛(かんえいびな)・享保雛(きょうほびな)や、考案した人形師の名に由来するという次郎左衛門雛(じろざえもんびな)、江戸で誕生した古今雛(こきんびな)、公家の装束を正しく写した有職雛(ゆうそくびな)などがありました。

この特集展示では、各種の雛人形が勢ぞろいします。また、木地に胡粉を塗り重ねて磨き上げた御所人形や、賀茂人形・嵯峨人形・伏見人形と、京都の地名を冠した各種の京人形を通して、みやこで育まれた人形文化の諸相を紹介します。
加えて今回は同時期開催の特別企画「豪商の蔵―美しい暮らしの遺産―」においても、江戸時代から近代にかけて製作された人形を展示しています。これらふたつの展示を通して、江戸時代から現代へ、連綿と続くみやこの人形文化の流れをご覧ください。


CHECK POINT

【関連土曜講座】御所人形の展開

日時:2018年3月3日(土)13:30~15:00
講師:山川 暁(京都国立博物館 工芸室長)
会場:京都国立博物館 平成知新館 講堂
定員:200名(事前申込不要/先着順受付)
料金:無料(観覧券が必要です)
※当日12:00より、平成知新館1階にて整理券を配布します(定員に達し次第終了)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗