1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京菓子資料館
  5. 歴史を彩る京菓子―継承される江戸期の美―

歴史を彩る京菓子―継承される江戸期の美―

2012/07/05 ~ 2012/12/10


【京菓子資料館】

京菓子資料館

このたび京菓子資料館では、和菓子の文化が華麗に花開いた江戸時代を中心とした京菓子の歴史をご紹介いたします。

砂糖の流通量が次第に増加した江戸期には、多種多様な菓子が登場します。
なかでも京都では、宮中の王朝文化の影響や茶の湯の発展とも相まって、当時としては非常に高価であった白砂糖を使った美しい上菓子が誕生しました。
それらは「京菓子」とよばれ、江戸をはじめ日本各地でもてはやされました。

また、菓子屋に伝わる図案帳(現在の商品カタログにあたる)には、古典文学に想を得た菓銘や意匠が四季の彩り豊かに数多く描かれています。

展示室では、江戸時代に描かれた澤屋播磨伝来図案帳「御蒸菓子絵本」のなかから当時の京菓子を再現するほか、看板や菓子製法書などを公開します。
さらに、日本の菓子文化に多大な影響を与えたとされる中国やヨーロッパより伝来した菓子や、現代の職人が伝統的な技術と豊かな感性で新たに表現した京菓子なども広く展示いたします。

「京菓子の原点は江戸時代にあり」
この機会にぜひ、京菓子の歴史や文化を感じ取ってみてください。

※期間中、一階茶席「祥雲軒」では、本展にちなんで創作した上生菓子をご用意しています。


CHECK POINT

特別呈茶席「龍の茶会」

一階茶席「祥雲軒」(立礼席)にて、平成24年の辰年にちなみ、
俵屋吉富当代店主が亭主をつとめる「龍の茶会」を開催いたします。
茶道具にはすべて「龍」の意匠をあしらったものを使用し、また店主より京菓子や茶道具の解説などもございます。
皆様の楽しいひとときとなれば幸いです。

日時:2012年10月26日(金) 13:00~/15:00~
会場:京菓子資料館 一階 茶席「祥雲軒」(立礼席)
※先着順の受付となります。
※お菓子がなくなり次第終了いたします。
※詳細は直接施設までお問い合わせください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗