1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都府立堂本印象美術館
  5. 特別企画展 「41人の作家による 京のうつろい-秋から冬へ」

特別企画展 「41人の作家による 京のうつろい-秋から冬へ」

2012/10/02 ~ 2012/12/09


【京都府立堂本印象美術館】

京都府立堂本印象美術館

山や川の清々しさ、木々の合間に漂う情趣をはじめ、由緒ある寺院や人々の生活にまつわる日常風景や祭事など、京都には四季を通して様々な魅力的なシーンが数多く存在します。
こうした美しい自然や歴史的な文化に恵まれた京都の佇まいは、多くの人々に愛でられ、そして絵画、スケッチ、写真といった表現の対象とされてきました。



京都府では、こうした京都の美しい景観や文化を広く紹介し、後世に伝えるため、京都ゆかりの作家によって描かれた絵画群である「京の百景」(昭和48
年)、「京の四季」(昭和61年)を制作しました。
「京の百景」は、京都の景観や古くから伝えられてきた行事・風俗などを題材にした日本画作品が集められ
ました。一方、「京の四季」は、日本画だけでなく洋画も交えた多彩な表現で京都の春夏秋冬の見所が描かれた作品群です。



秋野不矩 初冬 1981年 京都府立総合資料館

この展覧会では、「京の百景」、「京の四季」それぞれのシリーズを中心に府所蔵品から、秋と冬の景色に想いをよせた作家、堂本印象をはじめとした41人の作品を展観します。
木々が紅く色づく秋の風情、雪景色の冴えた空気感などには、春や夏の華やかな賑わいとは一味異なる京都の深い美意識が表れています。
展覧会を機に、京都におけるこの季節の新たな魅力を感じとっていただければ幸いです。

出展作家(敬称略)

秋野不炬、麻田浩、磯田又一郎、岩澤重夫、大塚明、大野藤三郎、大淵陽一、岡村倫行、小野踏青、
加藤美代三、門脇正弘、金田辰弘、下保昭、木下章、河野穣而、坂根克介、佐々木弘、芝田耕、
芝田米三、高越甚、谷口英雄、堂本阿岐羅、堂本印象、堂本元次、利倉群青、中井史郎、中路融人、
中村文子、中村善種、並木光昭、丹羽貴子、橋田次朗、樋口富麻呂、曲子光男、正井和行、三尾公三、
水野一、安田謙、山本倉丘、山本知克、由里本出(五十音順)

ミニ企画展「季節を詠むこころ―印象の秋と冬」

紅葉、雪景色など堂本印象が描いた秋と冬の風景画をご紹介します。
暮れゆく季節の情景をお楽しみ下さい。



CHECK POINT

【関連イベント】講演会/ギャラリーツアー

講演会


時間:各日14:00~15:30
会場:堂本印象美術館別館
※聴講無料
※事前申し込みは不要です。当日受付にてお申し込みください。(先着50名)

プログラム


1)2012年10月14日(日)「描かれた京都―風俗と風景」 講師:並木誠士(京都工芸繊維大学美術工芸資料館館長)
2)2012年11月11日(日)「京都の日本画―きのう・きょう・明日」 講師:太田垣賽(大阪成蹊大学教授)
3)2012年11月23日(金・祝)「北陸写生紀行」 講師:由里本出(日本画家)

ギャラリーツアー


日時:2012年10月20日(土)、11月18日(日) 各日14:00~
会場:美術館1階ロビー集合
ナビゲーター:山田由希代(京都府堂本印象美術館主任学芸員)

【関連イベント】ミュージアムコンサート

木管五重奏演奏会「ALTI芸術劇場」応援隊


日時:2012年10月8日(月・祝) 14:00~、15:00~
会場:美術館1階ロビー
料金:無料(美術館の入館料は別途必要です)

秋の音―ピアノお披露目コンサート 秋を楽しむ


日時:2012年10月16日(火) 開演14:30~
会場:美術館2階 展示室
料金:無料(美術館の入館料は別途必要です)
出演:香川周子(メッツォ・ソプラノ独唱)、谷口佳奈香(ピアノ独奏)

雅楽を楽しむ


日時:2012年10月28日(日) 14:00~、15:00~
会場:美術館1階ロビー
料金:無料(美術館の入館料は別途必要です)
出演:雅象の会

【関西文化の日】美術館無料公開/いけばな発表会

11月17日(土)、18日(日)は「関西文化の日」として、美術館の入館料が無料となります。
この機会にぜひ足をお運びください。

また、同日に同時開催イベントとして「いけばな発表会」(主催:伝統文化金閣いけばな子供教室)を開催いたします。
日時:11月17日(土):12:00~15:00/11月18日(日):10:00~15:00
会場:堂本印象美術館別館(当日は無料公開となります)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗