京薩摩

2015/08/22 ~ 2015/11/15


【清水三年坂美術館】

清水三年坂美術館

明治期に京都で製作された、薩摩金襴手様式の陶器のことを「京薩摩」といいます。
貫入のある黄みを帯びた素地に、特別に豪華な金彩色絵をほどこした、細やかで華やかな薩摩焼。西洋では「SATSUMA 」と呼ばれたこうした陶器は、幕末・明治の万国博覧会で高い評価を受け、西洋の人々の間で一種のブランドとなっていました。

江戸時代から続く長い陶器製造の伝統を持つ京都の粟田口でも、明治の初めよりいち早く薩摩金襴手様式に習った独自の「京薩摩」の製作が盛んに行われるように な ります。古くから培われてきた職人の技術と、西洋との出会いによる意匠や釉薬の変革が融合し、歴史上類を見ない絢爛豪華な作品が生み出されました。

今回の展覧会では、京薩摩を代表する錦光山(きんこうさん)の作品の他、大阪薩摩の薮明山(やぶめいさん)、神戸薩摩の精巧山(せいこうさん)など京阪神を中心に、横浜薩摩、鹿児島の本薩摩など、世界でも有数の輸出薩摩焼コレクションを展示します。
時代が生んだ華麗なる京薩摩 め- SATSUMAの世界をお楽しみください。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗