1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都伝統産業ふれあい館
  5. 伝統工芸の美 「京人形」

伝統工芸の美 「京人形」

2011/09/02 ~ 2011/10/02


【京都伝統産業ふれあい館】

京都伝統産業ふれあい館




人形の起源は形代(かたしろ)、天児(あまがつ)、這子(ほうこ)など古代の信仰にあるといわれています。
人間の災厄(さいやく)を身代わりしてくれるものとして、また愛玩用として日本人の生活に深いかかわりを持ってきたものが人形です。

京人形の歴史は、平安時代(8世紀~12世紀)に、貴族の子供たちの遊び道具であった「雛(ひいな)人形」がその起源だといわれ、宮中にはミニチュアの御殿や調度をしつらえ、そこに雛を配して着物を着せかえたり、参内のまねごとをしていました。
今日では浮世人形、雛人形、五月人形、御所人形、市松人形など、多くの種類の人形が作られています。

また西陣織という高級絹織物を産地に持つ京都は人形の衣裳として理想的な条件を備えています。
人形の頭、髪付け、手足、小道具、着付け(雛人形)などの製作工程が細かく分業化されているのが特徴で、細部まで丁寧に仕上げる伝統が高く評価されています。
今回の展覧会では、京人形の作品を一堂に展示。繊細で優雅な京人形の美を観賞して頂けます。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗