1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 美術館「えき」KYOTO
  5. 草乃しずか日本刺繍展 雪月花~戦国の姫たちの想い

草乃しずか日本刺繍展 雪月花~戦国の姫たちの想い

2011/06/30 ~ 2011/07/18


【美術館「えき」KYOTO】

美術館「えき」KYOTO

刺繡で表現する、日本の美。

刺繡作家・草乃しずか氏が「雪月花」や、江や淀君など「戦国の姫」をテーマに、
「いつの時代も変わらない、女性としての情感や生命への畏敬の念をすべてに込めました」
と語る力作の数々を展覧します。

「雪月花」=「雪」に四季の移ろいを、「月」に生命の神秘を、
そして「花」には歴史に翻弄されながらも、
しなやかに生きぬいた女性たちの命を思い、ひと針ひと針、心をこめて完成させました。

手仕事から生まれる彩り鮮やかなイマジネーションの世界は、人の優しさや温もり、尊い生命の営みに気づかせてくれます。
「戦国の姫たちへの想い」=過酷な時代であった戦乱の世で、女性たちは妻として母として、そしてひとりの人間としてどのように生きたのか。
姫君たちの気持ちに寄り添い、ひたむきに着物作品を制作しました。
それらは、歴史絵巻のように美しく、また哀しく、輝いています。

展覧会では、最新作品に加え、着物、帯、屏風作品など繊細なひと針ひと針から生まれた約150点の作品で、草乃刺繡の「粋」を存分に会場に表現します。

「いつの時代も変わらない、女性としての情感や生命への畏敬の念を本展の刺繍作品のすべてに込めました。」と語る草乃しずかの世界をお楽しみください。


CHECK POINT

【関連イベント】作家によるギャラリートーク

展覧会期間中、草乃しずか氏によるギャラリートークを開催いたします。

1) 6月30日(木) 11:00~/14:00~
2) 7月1日(金)   11:00~/14:00~
3) 7月16日(土) 14:00~
4) 7月17日(日) 14:00~

会場:美術館「えき」KYOTO
※事前申込は不要です。
※美術館入館券をお持ちのお客さまに限りご覧いただけます。
※ご覧いただくスペースに限りがございますので、入場を制限させていただく場合がございます。
※イベント内容に変更がある場合がございます。予めご了承ください。

展示作家・草乃しずかプロフィール

石川県生まれ。東京在住。
結婚後、フランス刺繡を学び、1972年より日本刺繍作家の丹羽正明氏に師事。
「アトリエ草乃しずか」を創設、作家活動を始める。
1979年に初個展。「桜浪漫」「源氏物語」など、日本の美を追求した個展をたびたび開催している。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗