1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都文化博物館
  5. 没後90年 近代日本洋画の巨匠 黒田清輝展

没後90年 近代日本洋画の巨匠 黒田清輝展

2014/06/07 ~ 2014/07/21


【京都文化博物館】

京都文化博物館

【作品画像】
(1)黒田清輝「湖畔」 明治30年(1897) 東京国立博物館蔵(画像提供:東京文化財研究所) 重要文化財 ※ポスター使用画像
(2)黒田清輝「グレーの原」 明治23年(1890)頃 東京国立博物館蔵(画像提供:東京文化財研究所)
(3)黒田清輝「ダリア」 大正2年(1913) 東京国立博物館蔵(画像提供:東京文化財研究所)
(4) 黒田清輝「もるる日影」 大正3年(1914) 東京国立博物館蔵(画像提供:東京文化財研究所)


明治から大正期にかけて活躍し、日本洋画界に大きな影響を与えた巨匠・黒田清輝(くろだ・せいき)。
2014年はその没後90年にあたります。

 鹿児島・島津藩士の家に生まれた黒田は、当初は法律家を志し、明治17年(1884)にフランスへ留学します。そこで同じく留学していた日本人画家たちや、フランスで活躍していた日本人美術商・林忠正らとの交流を経て、黒田は画家の道を選ぶことを決めます。黒田は当時のフランスのサロンで高い評価を受けていた画家・ラファエル・コランに師事し、人体デッサンをはじめ本格的な西洋画の教育を受けました。帰国後、黒田は日本で唯一の洋画団体であった明治美術会で次々に名作・話題作を発表し、日本の洋画界をリードしました。

今回の展覧会では、近年確認されたフランス留学中にパリ郊外のグレー=シュル=ロワン村で描かれた作品《グレーの原》を初公開。また、フランスから帰国後に訪れた京都で着想を得た《昔語り》の関連作品群、や、芦ノ湖のほとりで涼む女性を描いた代表作《湖畔》(重要文化財)など、東京国立博物館、東京文化財研究所の全面的な協力のもと、約160点の代表作を展示します。
日本の画壇で裸体画をめぐる論争の渦中に発表された作品《智・感・情》(重要文化財)に関しては、蛍光画像・反射金赤外線画像をあわせて展示し、東京文化財研究所による最先端の研究成果から作品に迫ります。

黒田清輝の、明るい外光に満ちた自然な世界、そして確かな技術に根ざした多様な試みを、作品を通して存分にお楽しみください。


CHECK POINT

【関連イベント】特別講演会/レクチャー/ミニ解説付きコンサート ※要事前申込

※すべて参加無料(ただし、展覧会の入場券(半券可)が必要です
※特別講演会・レクチャー・コンサートは事前申込が必要なイベントです。

■申込方法
往復はがきに
住所・氏名(返信面にも)・電話番号・希望イベント名・希望イベント番号
を明記し、下記あて先までお送りください(先着順受付)
※イベントごとに参加者1名につき、1枚のはがきでお申込みください。

【あて先】〒604-8183 京都市中京区三条高倉 京都文化博物館内「黒田清輝展関連イベント」係

【1】特別講演会「黒田清輝と日本の近代美術」



日時:2014年6月7日(土)14:00~15:30
講師:塩谷 純(東京文化財研究所 企画情報部 近・現代視覚芸術研究室長)
会場:京都文化博物館 別館ホール(定員:200名)

【2】レクチャー「黒田清輝は京都で何を見たか」


日時:2014年6月21日(土)10:30~12:00
講師:植田彩芳子(京都文化博物館学芸員)
会場:京都文化博物館 3階フィルムシアター(定員:170名)

【3】ミニ解説付コンサート「黒田清輝の名画とフランス音楽」


日時:2014年6月20日(金)18:00~19:30
演奏:京都市立芸術大学音楽学部生
解説:植田彩芳子(京都文化博物館学芸員)
会場:京都文化博物館 別館ホール(定員:200名)

【関連イベント】学芸員によるギャラリー・トーク

日時:2014年6月13日(金)、27日(金)、7月11日(金)各日18:00~
会場:展示室内
※事前申込不要(当日入場者の方のみ参加可能)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗