1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立博物館
  5. 高僧と袈裟-ころもを伝え こころを繋ぐ-

高僧と袈裟-ころもを伝え こころを繋ぐ-

2010/10/09 ~ 2010/11/23


【京都国立博物館】

京都国立博物館


僧侶が身につける衣服として、目にしている袈裟(けさ)。
袈裟は仏弟子をほかの宗教の修行者と見分けるために定められた「制服」でした。
仏教が生まれたインドでは衣一枚でも過ごせますが、中国や日本など、寒い地方に仏教が伝わると、防寒のために袈裟の下に衣を重ね着するようになり、次第に袈裟はその僧侶の威儀を正すものとして着用されるようになりました。




重要文化財『夢窓疎石像』
(鹿王院蔵)

九条袈裟 夢窓疎石料
(天龍寺蔵)〈新発見〉





そして、東アジアに仏教が伝わると鮮やかな色のものや金襴を用いた袈裟も現れ、師から弟子へ、教えを伝えた証として授けられる「伝法衣」と呼ばれる袈裟が、禅宗の教えと共に日本へもたらされました。

日本の寺院では、空海・最澄といった平安時代の高僧や、無準師範・夢窓疎石といった高名な禅僧が着用したとされる袈裟が秘蔵されてきました。
五百年、時には千年以上も前の衣服が、それを身につけた高僧への敬慕の心と共に守り伝えられてきたのです。



この展覧会では、様々な寺院に伝えられてきた袈裟を一堂に会し、着用したと伝えられている所用者の肖像画や書状などの資料とともに紹介。袈裟を通して見えてくる日本の仏教と東アジア染織の歴史を辿る初の試みです。
日本にしか残されていない、数百年の歴史と心を秘めた染織品の世界をご堪能下さい。

※期間中、一部展示替えがございます。
【前期】10/9(土)-10/31(日) 【後期】11/2(火)-11/23(火・祝)


CHECK POINT

関連イベント 土曜講座

土曜講座


■ 10月9日 「糞掃衣と金襴袈裟にみる袈裟の変遷」
松村 薫子氏(大和ミュージアム学芸員)

■ 10月16日「袈裟から辿る東アジアの染織史」
山川 曉 氏(京都国立博物館主任研究員)

■ 11月6日 「袈裟の紡ぐ物語-智泉聖通尼の生涯と袈裟-」
モニカ・ベーテ氏(大谷大学教授)

会場:京都女子大学 J校舎5階 J525教室
時間:各日 13:30~15:00
※聴講無料、定員190名
事前のお申し込みが必要です。(9月1日より受付)

国際シンポジウム「染織品にみる東アジア交流-宋・元・明時代の中国とその周辺-」


日時:11月13日(土) 13:00~15:00
会場:国立京都国際会館 アネックスホール
※聴講無料
※会場は京都国立博物館ではございませんので、ご注意下さい。
事前のお申し込みが必要です。(10月1日より受付)

【申し込み方法】
往復はがきに、聴講希望日・住所・氏名・年齢・職業・電話番号を明記の上、
京都国立博物館(〒605-0931 京都市東山区茶屋町527)・「土曜講座」係/「国際シンポジウム」係までお申し込みください。
※往復はがき1枚につき、1名様1回分のお申し込みとなります。
※定員に達し次第締め切りとなります。予めご了承下さい。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗