1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立近代美術館
  5. 皇室の名品-近代日本美術の粋-

皇室の名品-近代日本美術の粋-

2013/11/09 ~ 2014/01/13


【京都国立近代美術館】

京都国立近代美術館

【作品画像】
(1)海野勝珉 《蘭陵王置物》明治23(1890)年 宮内庁三の丸尚蔵館所蔵
(2)江馬長閑(文台)、神坂祐吉(硯箱)、神坂雪佳(図案) 《歌蒔絵文台・重硯箱》 大正8(1919)年 宮内庁三の丸尚蔵館所蔵(後期のみ)
(3)二代川島甚兵衞 《綴錦「百花百鳥之図」壁掛》 明治38(1905)年 宮内庁三の丸尚蔵館所蔵(前期のみ)
(4)竹内栖鳳 《大正度主基地方風俗歌屏風》 大正4(1915)年 宮内庁三の丸尚蔵館所蔵(前期のみ)
(5)上村松園 《雪月花》 昭和12(1937)年 宮内庁三の丸尚蔵館所蔵 (後期のみ)


皇室には、代々優れた美術品の数々が受け継がれてきました。その美術品群は国に寄贈され、現在は平成5年(1993)に開館した宮内庁三の丸尚蔵館にて所蔵・管理が行われています。
この展覧会では、宮内庁三の丸尚蔵館が所蔵する美術工芸品の中から、近代以降の作品約180点を選りすぐり体系的に紹介します。

展示品は、明治21年(1888)に竣工した明治宮殿を調度として飾られたものや、内国勧業博覧会や万博への出品作、御成婚や御即位など皇室の御慶事の際に祝いの品として献上されたもの、大礼などの儀式で使用されたものなどさまざまです。展覧会は各作品における所蔵の経緯を元に6章に分けられ、皇室コレクションの歴史を時代に沿って辿ることができます。
日本画の横山大観、竹内栖鳳、上村松園をはじめ、油彩画の高橋由一、彫刻の高村光雲、七宝の並河靖之、金工の海野勝珉など、どれも近代日本美術を代表する作家による傑作ばかりです。

展示空間は実際に作品が飾られていた明治宮殿の空間を当時の資料を基に部分的に再現し、和洋の美のエッセンスを詰め込んだ当時の宮殿の雰囲気を演出します。
また、天皇陛下御即位の折に開催される宴「大饗の儀」については、大正・昭和天皇御測位の際に実際に用いられた品々と明治・大正・昭和三代の天皇を描いた貴重なご肖像を共に展示し、その厳かな空気感を味わっていただきます。参列者に配られた細工の美しいボンボニエール(菓子を入れる小箱)も見どころです。

2013年12月に、今上天皇陛下は傘寿(80歳)を迎えられます。その佳き年と、京都国立近代美術館の開館50周年、そして宮内庁三の丸尚蔵館の開館20周年が重なりました。この展覧会はその記念事業のひとつとして、皇室と特別にゆかりの深い京都のみで開催されます。
皇室が護り育んでこられた、近代日本美術の粋といえる至高の作品群。
それが初めて一堂に展覧されるこの機会を、どうぞお見逃しなくご覧ください。

※前期・後期で作品が大幅に展示替となります。
 【前期】2013年11月9日(土)~12月8日(日)/【後期】2013年12月11日(水)~2014年1月13日(月・祝)


CHECK POINT

【関連イベント】記念鼎談/記念講演会

※全て聴講無料。事前申し込みは不要です。
※当日規定の時間に整理券が配布されます。

記念鼎談「皇室が護り育てた近代日本美術」


日時;2013年11月23日(土・祝)13:30~15:00
会場:京都国立近代美術館 1階講堂
出演:高階秀爾氏(大原美術館館長、東京大学名誉教授)
   尾崎正明氏(本展企画・監修者/前京都国立近代美術館館長)
   太田 彩氏(宮内庁三の丸尚蔵館主任研究官)
定員:100名(当日11:00より美術館受付にて整理券が配布されます)

記念講演会「皇室と近代工芸」


日時:2013年11月16日(土)14:00~15:30
会場:京都国立近代美術館 1階講堂
講師:松原龍一氏(京都国立近代美術館学芸課長)
定員:100名(当日11:00より美術館受付にて整理券が配布されます)

記念講演会「皇室と明治の美術」


日時:2013年12月14日(土)14:00~15:30
会場:みやこめっせ(京都市勧業館)地下1階 大会議室
講師:古田 亮氏(東京藝術大学大学美術館准教授)
定員:100名(当日13:00より会場受付にて整理券が配布されます)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗