1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京の小袖-デザインにみる日本のエレガンス

京の小袖-デザインにみる日本のエレガンス

2011/10/29 ~ 2011/12/11



「小袖」とは、日本で近代以前に広く用いられていた衣服の形式の一つであり、現在の「きもの」のルーツです。桃山時代から江戸時代にかけて、小袖は、構成要素と基本的な形状をそのままに、絶えず意匠の変遷をつづけていました。それは、それぞれの時代の好みを反映させた最新の文様の小袖が次々と現れては、古いものにとって代わっていったからです。世の女性たちは、そのような最新流行の文様の小袖を競って手に入れ、季節や場面に応じて身にまとい、楽しんでいました。

特に京都は日本国内きってのきものの生産地として、常に最新の文様・最高の技術であつらえた小袖を日本全国に送り出し、女性たちを美しく彩りました。
現代も京都には歴史ある呉服商がひしめいています。
なかでも株式会社千總、丸紅株式会社は、質の高い染織資料のコレクションをもち、自身のきもの制作にも活用してきました。また、名古屋が発祥である松坂屋百貨店(現・株式会社大丸松坂屋百貨店)も、京都に仕入れ所を持ちコレクションを大切に管理してきました。



この展覧会では、満を持して、株式会社千總、丸紅株式会社、株式会社大丸松坂屋百貨店の3社に伝わる品々を一堂に集め、小袖の歴史とその世界をご紹介します。
きもののデザインのソースとして集められてきたコレクションは、公開の機会は非常に限られており、まさに空前絶後の展覧会といえます。

3社のほかには、京友禅の名匠・田畑喜八氏による、貴重な田畑家コレクションから8点が特別出品され、国公立美術館・博物館の貴重な所蔵品からも厳選した作品を公開。
小袖の文様の革新期である桃山時代から、意匠美の頂点に達する江戸時代までに作られた小袖を、各時代毎に代表する作品でご紹介します。

まさに京都でしか開催できない、39日間だけの限定公開。常に同時代的な魅力にあふれていた「小袖」の美の世界を、この機会にぜひ体験してみてください。

※期間中、一部作品に展示替がございます。
【前期】10月29日(土)~11月20日(日) 【後期】11月22日(火)~12月11日(日)

CHECK POINT

【関連イベント】講演会


講演会A「小袖―コンテンポラリーアートを着る」


講師:切畑健(本展覧会協力者、京都国立博物館名誉館員)
日時:10月29日(土)13:30~15:00
会場:京都文化博物館 3階フィルムシアター
定員:170名
無料(ただし、本展覧会入場券[半券可]が必要です)

講演会B「京の小袖―展覧会のみどころ」


講師:林智子(京都文化博物館 学芸員)
日時:11月26日(土)15:00~16:30
会場:京都文化博物館3階フィルムシアター
定員:170名
無料(ただし、本展覧会入場券[半券可]が必要です)

申し込み方法


■ 講演会A
お電話にて、博物館まで直接お申し込みください。(TEL:075-222-0888)

■ 講演会B
往復はがきに住所、氏名(返信面にも)、電話番号、希望イベント名を明記し、
京都文化博物館内「京の小袖展 講演会」係へ。
※先着順の受付です。
※参加者1名につき、1枚のはがきでお申し込みください。

【関連イベント】ギャラリートーク

11月4日(金)、11月11日(金)、11月25日(金)、12月9日(金)
各日とも18:00から展示室内で行います。事前申し込み不要、当日の入場者に限ります。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗