1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都工芸繊維大学美術工芸資料館
  5. 開館30周年記念展3 第11回村野藤吾建築設計図展 「新出資料に見る村野藤吾の世界」

開館30周年記念展3 第11回村野藤吾建築設計図展 「新出資料に見る村野藤吾の世界」

2012/02/06 ~ 2012/05/06


【京都工芸繊維大学美術工芸資料館】

京都工芸繊維大学美術工芸資料館




村野藤吾 設計「宇部市民館」(現・宇部市渡辺翁記念会館)
撮影:市川靖史(京都工芸繊維大学教員)





京都工芸繊維大学美術工芸資料館の開館30周年を記念した連続展覧会。
第三弾は、第11回村野藤吾建築設計図展「新出資料に見る村野藤吾の世界」展を開催します。

村野藤吾(1891-1984)は、1920年代から80年代にかけて活躍し、文化勲章をも受章した近代日本を代表する建築家です。


京都工芸繊維大学美術工芸資料館では、数万点におよぶ村野藤吾の図面資料を所蔵しており、1999年から2008年まで毎年、10回にわたって「村野藤吾建築設計図展」を開催し、図面資料を通して村野藤吾の魅力に迫ってきました。

そしてこの度、未整理状態にあった本学美術工芸資料館の資料群の中から、これまで知られていない多数の図面資料が新たに発見されました。

そこで今回の展覧会では、その「新出資料」の中から、際立った特徴を持つ作品に焦点を当て、豊かな細部や村野ならではの創造の世界に迫ります。


「新出資料」の多くは、いわゆる戦中期に設計された、村野の中でも従来あまり知られていない時期の作品となっています。

しかし、その図面からは、戦中期も精力的に仕事に取り組み、村野の特有の豊饒な世界を構想し、図面上で推敲を重ねた様子が伝わってきます。


近年、村野の作品は、国の重要文化財など文化遺産として高い評価を受け、保存活用も進められています。

しかしその一方で、解体の危機に瀕している作品も複数存在します。

比較的近年に造られた作品でさえ、すでに解体されてしまったものや、内部を中心に大きく改装されてオリジナルの姿を留めていないものが見受けられます。

この展覧会の開催が、村野の豊饒な作品世界についての新たな知見をもたらすよい機会となることを期待しています。

■ 村野藤吾 建築設計図展 特設サイト:http://www.cis.kit.ac.jp/~mrtg02/index.html


CHECK POINT

【関連イベント】シンポジウム

日時:2012年4月21日(土) 14:00~17:00
会場:京都工芸繊維大学60周年記念館
※参加無料(「村野藤吾展」の入場料は別途必要です)
※定員150名(申込不要・当日先着順)

出演者


【パネリスト】
青木淳(建築家・青木淳建築計画事務所主宰)
清水重敦(建築史家・奈良文化財研究所研究員)
石田潤一郎(京都工芸繊維大学大学院教授)

【司会】
松隈洋(京都工芸繊維大学美術工芸資料館教授)

出展作品

加能合同銀行本店(現・北國銀行武蔵ヶ辻支店 / 1932年竣工)
キャバレー・アカダマ(現存せず / 1933年竣工)
そごう百貨店(そごう大阪店 / 現存せず / 1935年竣工)
都ホテル(現・ウェスティン都ホテル / 1936年竣工)
高島屋飯田神戸支店(現存せず / 1936年竣工)
宇部市民館(現・宇部市渡邊翁記念開館 / 1937年竣工)
客船家具(あるぜんちな丸・ぶらじる丸など / 現存せず / 1937-42年竣工)
橿原神宮駅(現・橿原神宮前駅 / 1939年竣工)
中山半邸(現存せず / 1940年竣工)
中林邸(現存せず / 1941年竣工)
牧野山の家(現存せず / 1946年竣工)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗