1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 住友コレクション 泉屋博古館
  5. 特別展「高麗仏画 香りたつ装飾美」

特別展「高麗仏画 香りたつ装飾美」

2016/11/03 ~ 2016/12/04


【住友コレクション 泉屋博古館】

住友コレクション 泉屋博古館

朝鮮半島の高麗王朝後期(13~14世紀)に生み出された、類まれな仏教絵画。それは王朝貴族の高い美意識と篤い信仰心の結晶でもありました。
阿弥陀如来、観音菩薩をはじめとするみほとけたちは、柔和な表情、繊細なころもの文様、温かみのある雅な色彩など、どれも気品と善美に満ちています。見るものの目を奪う華麗な装飾(荘厳)は、仏の徳を表すものでした。おおらかな御姿からは、中国・元王朝の支配に苦しみつつも多様な大陸文化を飲み込み深みある世界を醸した高麗人の心の豊かさが感じられるようです。

東アジア絵画史のなかでも独特の光彩を放ち、近年高く評価されている高麗仏画ですが、現存するのはその数世界にわずか160点あまりです。今回の展覧会では、長らく国内ではまとめて見る機会のなかった高麗仏画の名品が一堂に集います。修復後初公開となる重文《水月観音像(楊柳観音像)》(泉屋博古館蔵)を中心とした調査から、最新緻密な技巧に肉迫、朝鮮半島に花開いた知られざる荘厳の美の秘密を探ります。

※会期中、一部展示替がございます。
 

《水月観音像》の修理後初公開

重文《水月観音像(楊柳観音像)》(泉屋博古館蔵)は1323年に高麗王朝の宮廷画家・徐九方によって制作されたことが知られ、高麗仏画研究における貴重な資料とされています。
泉屋博古館では、画面の折れや亀裂など劣化が進んでいた《水月観音像》の全面解体修理を2013年から2年に渡り実施し、この度修理が完成した姿を初めて披露します。よみがえった観音の輝きを、この機会にお楽しみください。
 

超高精細!4K画像で楽しむ高麗仏画

今回の展示では、京都大学工学研究科で開発された高精細画像撮影・鑑賞システムを用い《水月観音像》の超高精細画像を4Kモニターにてご来館の皆様に自由にご覧いただけます。肉眼のみではわからない、細部にいたる美麗な仏画の魅力をぜひご覧下さい。


CHECK POINT

【関連イベント】講演会「静粛の美-高麗仏画の図像と歴史」

世界に点在する高麗仏画を長年調査してきた第一人者が語る、熱くて優しい高麗仏画入門です。

日時:2016年11月20日(日)13:30~15:00
講師:鄭于澤(チョン・ウテク)(韓国東国大学校教授)
会場:泉屋博古館 講堂
定員:100名(事前申込不要、当日先着順受付)
料金:無料(ただし、入館料が別途必要です)
※講演は日本語で行います

【関連イベント】シンポジウム「ヴェールを脱ぐ観音-高麗仏画 水月観音像の修理と調査」

高麗王朝の宮廷画家が描いた観音像、重文「水月観音像」(泉屋博古館蔵)の修理完成を記念し、修理・調査に関わった各界の専門家をお招きし、それぞれ最新の成果をお話いただきます。

日時:2016年11月26日(土)13:30~16:00
出演:《パネラー》朝賀  浩(文化庁文化部美術学芸課)
         岡 岩太郎(株式会社岡墨光堂)
         金   珉(韓国国民大学文化財保存学科)
         廣川  守(泉屋博古館)
   《コメンテーター》井手 亜里(京都大学大学院工学研究科)
会場:泉屋博古館 講堂
定員:100名(事前申込不要、当日先着順受付)
料金:無料(ただし、入館料が別途必要です)

【関連イベント】ワークショップ・ギャラリートーク

ワークショップ
「絵具の秘密-高麗仏画の彩色技法~お話と仏画彩色体験~」


水月観音像の模写を手がけた画家によるワークショップ。絹に岩絵具で描かれた高麗仏画の繊細な技法を、実技も交えてご紹介します。

日時:2016年11月27日(日)13:30~15:00
講師:金 珉(模写制作作家)
会場:泉屋博古館 講堂
定員:15名(要予約)
料金:1,500円(入館料は別途必要です)
※ご予約はお電話(075-771-6454)にてお申込みください
ご予約は満席となりました
※講演は日本語で行います。

ギャラリートーク


学芸員が展示室にて解説を行います。

高麗仏画 香りたつ 装飾美

日時:2016年11月5日(土)・12月3日(土)各日14:00~
講師:実方 葉子(泉屋博古館)
料金:無料(ただし、入館料が別途必要です)

中国青銅器の時代

日時:2016年11月3日(木・祝)
講師:廣川 守(泉屋博古館)
料金:無料(ただし、入館料が別途必要です)
※青銅器館は、毎日ミュ-ジアムボランティアによる解説があります。

【関連イベント】泉屋博古館&大和文華館特別連携「もっと見てみる?朝鮮美術」

この秋、奈良の大和文華館では、「特別企画展 朝鮮の絵画と工芸」(11月18日~12月25日)が開催されます。
これにあわせ、泉屋博古館・大和文華館では特別連携を行います。ぜひ足を伸ばして、広がりある朝鮮美術への理解を深めていただければ幸いです。

入館料割引特典


泉屋博古館「特別展 高麗仏画 香りたつ 装飾美」展の入館チケット半券を、大和文華館「特別企画展 朝鮮の絵画と工芸」券売所にてご提示いただくと、入館料が2割引となります。

出張講義「大和文華館『朝鮮の絵画と工芸』展へのご招待


日時:2016年11月12日(土)14:00~14:45
講師:植松 瑞希(東京国立博物館研究員)
泉屋博古館 講堂
定員:100名(事前申込不要、当日先着順受付)
料金:無料(ただし、入館料が別途必要です)

【相互割引】泉屋・野村・細見 岡崎エリア3館相互割引

泉屋博古館・野村美術館・細見美術館の岡崎エリアの3つの美術館で、相互割引企画を実施します。
各美術館で秋季に開催される展覧会をご観覧の際、各美術館(同じ施設は除く)の入館券の半券または入館シールを提示いただくと、入館料を割引いたします。
この機会にぜひ、秋の京都岡崎での美術鑑賞をお楽しみください。

※半券(野村美術館・泉屋博古館)・入館シール(細見美術館)はそれぞれの会期中何度でもお使いいただけます。大切に保管ください。
※割引時はお一人様につき1枚、半券または入館シールが必要です。
※対象の展覧会会期・割引料金は各館それぞれ異なります。あらかじめご確認の上お越しください。

対象の展覧会・割引料金



泉屋博古館
・「特別展 高麗仏画」11月3日(木・祝)~12月4日(日)
《入館料》2割引

野村美術館
・「いとをかし 和もの茶わんの世界」9月3日(土)~12月4日(日)
《入館料》一般:700円→500円

細見美術館
・「琳派展18 京の琳派」9月10日(土)~11月6日(日)
《入館料》一般:1,200円→1,100円/学生(中学生以上)1,000円→900円
・「驚きの明治工藝」11月12日(土)~12月25日(日)
《入館料》一般:1,300円→1,200円/学生(高校生以上)800円→700円

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗