1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 高麗美術館
  5. 朝鮮の屏風 -暮らしを彩る絵画演出-

朝鮮の屏風 -暮らしを彩る絵画演出-

2012/11/17 ~ 2013/01/27


【高麗美術館】

高麗美術館



今回の展覧会では、折り畳み、持ち運びのできる機能の持つ朝鮮の屏風・扇子・団扇・掛軸に注目します。

屏風は風を遮る用途のほか、婚礼や還暦の席でその場を盛り上げるための演出としても使用され、また祭祀の日には廟堂を描いた軸装絵画を掛けて拝礼するなど、さまざまな場面で役立てられてきました。

高麗美術館では開館以来、書画や刺繍作品の修復事業を進めてきました。
収蔵作品はすべて日本国内で集められ、朝鮮古来の形式と見られるものや日本式の屏風となっているものなど、それらは一様ではありません。
今回は、修復によって明らかとなった朝鮮の屏風装の有様も併せて紹介し、歴史の一端を探ります。
また、朝鮮の書画を中心に、それらを支えてきた朝鮮紙にも焦点を当てます。古典籍や紙縒などの紙芸品約50点とともに展観できる貴重な機会です。
CHECK POINT

【関連イベント】講演会「屏風から見た朝鮮と日本」

高麗美術館の朝鮮屏風-修復の現場から-

日時:2012年11月18日(日)13:30~14:30
講師:馬場秀雄 氏(吉備国際大学 文化財修復国際協力学科教授)

正倉院の屏風と新羅・百済の宝物について

日時:2013年1月12日(土)13:30~14:30
講師:西川明彦 氏(宮内庁正倉院事務所 保存科学室長)

※会場はいずれも高麗美術館マダン(美術館から徒歩すぐ)
※聴講料:1,000円(入館料含む)、定員50名

※申し込み・お問い合わせは高麗美術館研究所(TEL 075-494-2238)まで

【関連イベント】ワークショップ「朝鮮本」をつくる

朝鮮の古典籍「朝鮮本」作りを行うワークショップ。あなただけの一冊を作ってみませんか?

日時:2012年12月1日(土)13:30~16:30
講師:菊池英恭 氏(装潢家)
会場:高麗美術館マダン(美術館から徒歩すぐ)
受講料:5,000円(材料費・入館料含む)
定員:15名

※申し込み・お問い合わせは高麗美術館研究所(TEL 075-494-2238)まで

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗