1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 高麗美術館
  5. 高麗の青磁・朝鮮の白磁―鄭詔文が愛した陶磁の美―

高麗の青磁・朝鮮の白磁―鄭詔文が愛した陶磁の美―

2014/04/05 ~ 2014/06/29


【高麗美術館】

高麗美術館

高麗美術館の所蔵品のなかでも人気の高い、高麗時代の青磁、朝鮮時代の白磁を中心とした優品約80点を展示します。

10世紀半ば頃に現在の韓国中西部・南部を中心に窯が築かれ、そこに中国の高い製陶技術を導入したやきもの生産がはじまります。そこで中心として作られたのが、深い緑青色の青磁でした。高麗青磁は12世紀から13世紀にかけて著しい発展を遂げ、当時の中国からも「天下第一」と賞賛されたるほどの逸品が多数誕生しました。

一方の白磁は、14世紀末に高麗が滅びた後に成立した朝鮮王朝で急速に発展しました。儒教を国家理念とした朝鮮王朝では、シンプルで機能的なものを求める傾向が強まったため、宮廷や文人たちからは研ぎ澄まされた精神性を示すものとして白磁が好まれたのです。宮廷専用の「御器」にもなった朝鮮白磁は、京畿道広州にあった官窯を中心に、全国的な展開をもたらしました。

今回の展覧会では、高麗美術館の創設者である鄭詔文(てい・しょうぶん)氏のコレクションより、彼が特に愛した朝鮮陶磁を厳選して展示。青磁・白磁の歴史的背景とともに、高麗美術の美の変遷をたどります。
 

【併設展示】蘇る韓国文化財~ナウフェの作品展

会期中には併設展示として、韓国の無形文化財や各工芸界の名匠たち、現代アート作家などで構成される美術グループ「ナウフェ」による、日本では初となる作品展を開催します。
彼らがテーマとするのは、国内外の博物館や美術館が所蔵している韓国文化財。特に歴史的価値の高いやきものや仏教彫刻、金工品、仏画下絵などを、直接所蔵場所へ取材を行い、復原しています。今回は復原品や現代アート作品を含めた約10点の作品を展示。高麗美術館所蔵品とのコラボレーションをお楽しみください。


CHECK POINT

【関連イベント】研究講座「茶の湯と朝鮮陶磁」

日時:2014年4月26日(土)14:00~15:30
講師:降矢哲男氏(裏千家今日庵茶道資料館学芸員)
会場:高麗美術館「マダン」(美術館すぐ傍)
参加費:1,000円(入館料込み)
定員:80名まで
※事前申込が必要です。
 お電話(075-494-2238)にて高麗美術館研究所へお申込みください。

【関連イベント】やきものとお茶の心に触れる「春の鑑賞会と韓国伝統茶」

高麗美術館での展覧会鑑賞後、茶道資料館で開催される「光悦・等伯ゆかりの寺 本法寺の名宝」へご案内します。
その後は李朝喫茶「李青」でのティータイム。韓国伝統茶とお菓子で素敵なひとときをお過ごしください。

日時:2014年5月17日(土)13:00~16:00
参加費:4,000円(入館料、飲食代、タクシー代含む)
定員:15名
※鑑賞会はいずれも解説付きです。
※事前申込が必要です。
 お電話(075-494-2238)にて高麗美術館研究所へお申込みください。
※2名まで同時に申込可能です。定員に達し次第〆切となります。


【関連イベント】第2回ミニ古本市

朝鮮や韓国に関するレアな古本が勢揃いする古本市。
ここだけでしか出会えない本もあるかもしれません。無料コーナーもあります。

日時:2014年5月23日(金)、24日(土)13:00~16:00
※入場無料

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗