1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 茶道資料館
  5. 特別展 今日庵文庫 茶書にみる茶の湯の歴史

特別展 今日庵文庫 茶書にみる茶の湯の歴史

2010/04/17 ~ 2010/06/13


【茶道資料館】

茶道資料館

紀元前から中国大陸で飲まれ、あるいは食べ物として親しまれてきた植物は、唐の時代になって「茶」という漢字を与えられました。
そして人類最初の茶についての書物『茶経』が唐の陸羽という人物によって著されます。
この「茶」は奈良時代の末には日本でも飲まれ始めていたようですが、その後平安時代をすぎ、鎌倉時代になると更に広まっていきます。やがて南北朝時代になると茶を複数人で楽しむ「茶会」が出現し、室町時代後期になって「茶の湯」が成立しました。
そしてその後この「茶の湯」は千利休によって「わび茶」となり、江戸時代には武家・公家・町家を問わず楽しまれるようになるなど、多様な展開を見せていきます。

この展覧会では今日庵文庫所蔵の茶書を元に、茶の湯が成立していくその課程を紹介していきます。
出品されるのは陸羽の『茶経』をはじめ、山上宗二の『山上宗二記』、岡倉天心が海外向けに著した『THE BOOK OFTEA』など、書物や茶会記など約90点。展示品を通し、現代へ続く「茶の湯」の辿った道程を探っていきます。

※会期中、展示替えされる作品がございます。

CHECK POINT

茶道資料館コンサート

「ハープとサックスの調べ ~五月の風にのせて~」
展覧会にあわせ、美術館にてハープとサックスによるコンサートが開催されます。
当日は展覧会の開館時間も18:20まで延長。コンサート終演後も30分開館されますので、展覧会とコンサートを併せてお楽しみ下さい。
日時:5月28日(金)開場18:00・開演18:30~(約40分)
出演:ハープ奏者 内田奈織氏・(協演)サックス奏者 西本 淳氏
(入館料のみ。要事前電話予約。先着100名)

茶道体験コーナー

展示期間中のみ、初心者の方を対象とした茶道体験コーナーが設けられています。
講師による分かりやすい指導のもと、いすに座る立礼(りゅうれい)で点前(てまえ)が行われ、挨拶の仕方やお菓子の食べ方、お茶の点て方、飲み方を体験することができます。
展覧会での鑑賞と茶道体験を通じて日本の文化を体感してみませんか。

開催時間:10:00、11:00、13:00、14:00、15:00
1回約1時間
※定員各回12名まで。1週間前迄に電話予約が必要です。
※入館料のみで参加頂けます。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗