1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 清水三年坂美術館
  5. 小村雪岱の世界 ~知られざる天才画家の美意識と感性~

小村雪岱の世界 ~知られざる天才画家の美意識と感性~

2010/05/28 ~ 2010/08/22


【清水三年坂美術館】

清水三年坂美術館


大正から昭和初期にかけて活躍した画家、小村雪岱(1887-1940)。彼は、本の装幀、挿絵、舞台美術などの分野に新風を吹き込み、独自の美の世界を作り上げた人でした。

下村観山らに師事した雪岱は、大正14年に泉鏡花の「日本橋」の装幀を行ったことをきっかけに、以後泉鏡花作品を中心に装幀や挿絵を手がけました。
その後も数々の代表作を発表。特に「おせん」(作:邦枝幹二)は江戸時代の絵師・鈴木春信の画風を取り入れた流れるような繊細な線とシンプル且つ独特の画面構成が評判となり、「今春信」とも呼ばれるなど、一躍挿絵画家として名声を得るようになります。



   《青柳》(版画)1941(昭和16)年頃



  《傘》(版画)1933(昭和8)年




その一方で日本画家としての画壇への作品発表も怠らず、他にも資生堂の化粧品広告のデザインや、歌舞伎や舞踊などの舞台装置、そして映画のセットなどにも進出し、幅広い分野で多彩な活動を行いました。

代表作である「雪の朝」や「おせん(傘)」に代表されるその斬新で巧みな構図、「青柳」、「落葉」にみられるような人の気配を感じさせる上からの視線や演出、また美人画における鮮やかな色彩と美しい描線は、見る人の心を把えて離しません。

清水三年坂美術館では、雪岱の唯一の弟子である、故・山本武夫氏より譲り受けたコレクションを中心に、数少ないといわれる肉筆画を収集してきました。今回の展覧会では、雪岱が手がけた舞台装置や小説の挿絵の原画も含め、未発表の肉筆画を中心にご紹介します。

CHECK POINT

館長による展示解説イベント

村田理如館長が直接ご案内・解説をして下さいます。
特別展である本展はもちろん、常設展も一緒に、実際に展示されている作品を見ながらのギャラリートーク形式です。
※参加者多数の場合は先着優先となりますので、ご了承ください。

日時:2010年6月26日(土)13:00~(60分予定)
料金:参加無料(美術館への入場料は必要です)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗