1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都府立堂本印象美術館
  5. こころをかたちに-新造形の誕生-

こころをかたちに-新造形の誕生-

2010/06/18 ~ 2010/10/24


【京都府立堂本印象美術館】

京都府立堂本印象美術館



堂本印象は、東洋の古典に西洋画を取り入れた具象絵画から、戦後の抽象絵画にいたるまで幅広い画業を展開しました。これは日本画家のなかにおいても特異であるといえます。

今回の展覧会では、この世に存在するもののかたちを超えて、こころの内側を表現することに徹した、1960年代以降の作品を紹介します。


堂本印象は1963年、このような言葉を残しています。

「地上の形態を超えたる永遠
なるものの美を、屈従と苦悩の伝統からでなく、抽象することによって、自由な公共芸術は生まれる」


印象は、戦後の混沌とした状況の日本で、人々の思考や社会が激変するなか、美の本質を既存の対象―目に見える具体的なものから、目に見えない「こころの造形」に求めました。それまでの伝統を打ち破り、独自の日本画表現
を目指したのです。そして、その「不可解な美」の姿をつかもうと意欲を傾けた作品群を、印象は自ら「新造形」と名づけました。
墨線や明暗それぞれの色彩が織り成す自由な表現のなかに、芸術創造に向き合う画家の晩年の取り組みを感じ取って下さい。


CHECK POINT

関連講座:土曜美術茶論(サロン)

学芸員さんや専門の先生のお話で、展覧会をより楽しむことができる、関連講座企画。
美術館の隣、堂本印象が実際に暮らしていた住居でもある別館で開催されます。

「堂本印象の抽象画-新造形とは-」


日時:2010年7月24日(土) 10:30~12:00
講師:山田由希代(堂本印象美術館学芸員)
場所:堂本印象美術館 別館和室
定員:先着30名(事前申込は不要・当日先着での受付となります)
参加費:無料
聴講無料

ミニ企画展「印象の油彩画」

展覧会と併せて開催されるミニ企画展。
今回は「印象の油彩画」をテーマに、印象が描いた油彩作品を展示します。
戦前に試みた風景画から、1952年に印象が渡欧した際に現地で体感したパリやローマの街の様子を題材にした作品などをご紹介します。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗