1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 美術館「えき」KYOTO
  5. 小林路子 菌類画の世界 きのこに会いにいきましょう!

小林路子 菌類画の世界 きのこに会いにいきましょう!

2018/03/08 ~ 2018/03/25


【美術館「えき」KYOTO】

美術館「えき」KYOTO

菌類の“花”ともいえる”きのこ”の肖像画「菌類画」。この新しい絵の分野を切り開いた画家が、小林路子です。
1986年に出版された本『キノコの不思議』の挿絵をきっかけにきのこの世界に出会った彼女が、これまでに描いた菌類画は約900点。その一部は植物や菌類図譜の世界的コレクションを誇る英国キュー王立植物園にも収蔵され、最終的には全作品の寄贈が予定されています。

今回の展覧会では、これまで小林が描いてきた菌類画から選び抜いた作品と、きのこの絵本などの原画約150点を展示します。菌類画の第一人者による、色も形も様々な美しい野生きのこたちの魅惑の世界、ぜひご高覧ください。
 

小林路子

東京生まれ、東京在住。1975~86年、自由美術協会会員。
1986年に『キノコの不思議』(光文社)の挿絵をきっかけにきのこの世界に魅せられる。2000年から英国キュー王立植物園に菌類画の寄贈を開始(現在103点)主な展示に、2008~09年国立科学博物館「菌類の不思議展」特別展示、2011年フィリア美術館「第七回菌類画展」、2015年武蔵野市立吉祥寺美術館「菌類画展」などがある。主な著作は、絵本『森のきのこ』(岩崎書店)、画集『きのこ』(山と渓谷社)、エッセイ『きのこの迷宮』(光文社)、『森のきのこ採り』(白日社)、絵本図鑑『きのこの絵本』(ハッピーオウル社)、絵本『きのこってなんだろう?』(福音館書店)など。


CHECK POINT

【関連イベント】小林路子 ギャラリートーク

日時:2018年3月8日(木)14:00~(約30分)
会場:美術館「えき」KYOTO
料金:無料(美術館入場券は別途必要です)
※事前申込不要
※マイクを使用し、会場内を移動しながら解説いたします。
※混雑時は入場制限をさせて頂く場合がございます。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗