1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立近代美術館
  5. ユネスコ無形文化遺産登録記念「北大路魯山人の美 和食の天才」

ユネスコ無形文化遺産登録記念「北大路魯山人の美 和食の天才」

2015/06/19 ~ 2015/08/16


【京都国立近代美術館】

京都国立近代美術館

【作品画像】
(1)「色絵金彩椿文鉢」1955年 京都国立近代美術館
(2)「織部俎板盤」1949年 京都国立近代美術館
(3)「糸巻幾平向」1945年頃 足立美術館
(4)「織部桶鉢」1925-1954年 世田谷美術館
(5)「蓋付織部四方角鉢(瓢亭・くずやにて)」(撮影:上田義彦)


2013年、「和食(WASHOKU)」がユネスコ無形文化遺産に登録されました。これを記念し、食に深い関わりをもつ異才の芸術家・北大路魯山人の展覧会を開催します。

1883年に京都に生まれた北大路魯山人は、書家・篆刻家として頭角を現し、さまざまな芸術家や資産家たちとの交流の中で美食への見識を深めていきました。そして1921年、自ら厨房に立ち、蒐集した古陶磁器に手料理を盛り付けて振る舞う会員制の料亭「美食倶楽部」を設立します。これが大きな転機となり、魯山人はより深く料理の世界を探求していきます。

その後共同で設立した会員制高級料亭「星岡茶寮」では、魯山人は顧問兼料理長として、大胆かつ型破りな発想で独自のもてなしの世界を築いていきます。同時に、美味しい料理にはそれにふさわしい器が必要である、と考えた魯山人は、自らが理想とする器を求め作陶活動に取り組むようになります。

昔から愛されてきた古陶磁に学びながらも、俎板皿や大鉢など魯山人の作品には独自の遊び心が示されています。魯山人の器は後世の料理人たちにも広く愛され、器と料理が繰り広げる豊穣なダイアローグは、美食を求める多くの人々を魅了し続けてきました。

今回の展覧会では、「器は料理の着物」として、和食の魅力を豊かに読み解き、その革新に挑んだ魯山人の仕事を通じ、日本の美意識ともてなしの精神、そして自然観を結晶させた器と料理の関係を紹介します。
展示作品は、国内の美術館のほか、魯山人とゆかりの深い料亭、個人所蔵家の手元で大切に保管されてきた魯山人作品から厳選された約120点が中心。陶芸や絵画、漆芸、書作品のほか、料理や献立に関する著述資料などが登場します。

また、京都の3つの料亭(瓢亭・菊乃井・京都吉兆)の協力を得て、現代日本の写真家3名(上田義彦・広川泰士・蓮井幹生)が撮り降ろした映像・写真により空間を演出。京都の料亭の総合的な「美」の世界を、魯山人との作品とあわせて味わうことができます。

他にも、展示室の一角には魯山人とゆかりの深い寿司店・銀座久兵衛のカウンターを再現したコーナーを設置。魯山人の器を用いた食事をヴァーチャルに体験することができるインスタレーションが行われます。

美を味わう姿勢を貫いた美食の芸術家・魯山人の世界観を、多彩なアプローチでご堪能ください。

■ 展覧会特設サイト:http://kitaoji-rosanjin.jp/


CHECK POINT

【関連イベント】トークセッション「京料理と魯山人」

展覧会に撮影協力した3つの料亭の主人によるトークセッション。
京料理の奥深さや魯山人の魅力を語ります。

日時:2015年6月20日(土)14:00~16:00
会場:京都国立近代美術館 1階ロビー
定員:200席(事前申込不要・先着順受付)
ゲスト:村田吉弘氏(菊乃井・3代目主人)、徳岡邦夫氏(京都吉兆主人)、高橋義弘氏(瓢亭・15代目若主人)
※聴講無料(ただし、展覧会の観覧券が必要です)
※当日11:00より1階インフォメーションにて整理券を配布します

【関連イベント】記念対談「回想の魯山人」

日時:2015年7月18日(土)14:00~15:30
会場:京都国立近代美術館 1階講堂
定員:100席(事前申込不要・先着順受付)
ゲスト:山田和氏(作家・『知られざる魯山人』著者)/聞き手:松原隆一氏(京都国立近代美術館学芸課長)
※聴講無料(ただし、展覧会の観覧券が必要です)
※当日11:00より1階インフォメーションにて整理券を配布します

【関連イベント】若手料理人ギャラリートーク

日時:2015年6月28日(日)、8月2日(日)11:00~12:00
会場:京都国立近代美術館 3階展示室(展示会場)
講師:飯田真一氏(飯田・店主)
定員:20名(事前申込不要・先着順受付)
※聴講無料(ただし、展覧会の観覧券が必要です)
※当日9:30より1階インフォメーションにて整理券を配布します

【関連イベント】ワークショップ「うつわは料理のきもの:まないた皿に挑戦」

日時:2015年8月9日(日)13:00~16:00
会場:京都国立近代美術館1階講堂
講師:山極千真沙氏(陶芸家・APP ARTS STUDIO)、宍倉慈氏(Volver主宰)
定員:15名(小学4年生以上対象/事前申込制/先着順受付)
料金:3,000円

※申込方法や詳細については、美術館または展覧会の公式サイトをご確認ください。

【関連イベント】NFC所蔵作品選集 MoMAK Films 2015:食卓のある映画」(仮)

京都で東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)所蔵の映画作品が鑑賞できる、「MoMAK Films」。
今回は展覧会にあわせて、食卓が登場する映画作品を特集します。

日時:2015年7月31日(金)、8月1日(土)
会場:京都国立近代美術館 1階講堂
定員:各プログラム100席(先着順受付)
料金:1プログラム 520円(当日券のみ)

※詳細については、美術館の公式サイトをご確認ください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗