1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 何必館・京都現代美術館
  5. 没後50年 何必館コレクション -生活の中の美- 「北大路魯山人」展

没後50年 何必館コレクション -生活の中の美- 「北大路魯山人」展

2009/09/15 ~ 2009/11/29


【何必館・京都現代美術館】

何必館・京都現代美術館

陶芸をはじめ、書・絵画・漆芸・篆刻・金工など、個性溢れる作品を生み出した北大路魯山人。
近年、彼の作品はますます評価を高め、注目を集めています。

明治16年(1883)年に京都・上賀茂神社の社家に生まれた魯山人。最初は書家・篆刻家としてスタートした彼は、その後陶磁器をはじめ絵画や漆芸、金工と、分野を超えて幅広くその興味を広げ、そのどれにおいても天才的な才能を発揮しました。
 

また、美食家としても知られる魯山人は、美食の追求と実践の場として、大正14年には高級料亭「星岡茶寮」を創設。彼自らが腕をふるったそこは、当時第一級の政財界人、文化人が集うサロンとして、その名は全国に広まりました。
また、魯山人自身が使うために生み出された器の美は、国内はもとより、海外でも高く評価され、昭和29年にはアメリカのロックフェラー三世の招聘で、ニューヨーク近代美術館(MoMA)にて「魯山人展」が開催されています。

そして今年、2009年はその没後50年の節目の年にあたります。
 

この展覧会では、魯山人の生まれ故郷でありその出発点ともいえる京都の地で、何必館・京都現代美術館の持つ魯山人コレクションから、厳選された代表作120点を紹介します。

全体は「陶」「書」「刻」「茶」「花」「食」「季」の7つのテーマに分けて構成。
さらに、今回は作品の「取り合わせ」に工夫をこらし、「使う」ことで一層の輝きを放つ魯山人作品の、新たな魅力を引き出す画期的な演出で展示、未公開作品も多数出品されます。


生涯をかけて日本の美と食を追求した北大路魯山人。
その「生活の中の美」の世界を存分に堪能できる、これまでにない本格的な”魯山人展"です。


CHECK POINT

「生活の中の美」の求道者、魯山人の世界を「取り合わせ」で演出。

魯山人の残した様々な作品。そのどれにおいても貫かれているのは、「生活の中の美」の精神です。
魯山人の生み出す諸作品には常に、実際に生活の中で用いることを前提とした「生きた美しさ」がありました。
「器は料理の着物」という有名な魯山人のことばがありますが、これも、実際に器は料理を持ってこそのもの、使うためのもの、という彼の美意識・価値観によるものです。
自分の生活や周りに有るもの、そこに彼は美を見出し、作品として形にしてきました。
展覧会では、その作品の魅力を活かし引き出すために配置や組み合わせなど「取り合わせ」に工夫をこらし、実際に「使う」ことを意識した展示演出を行われます。

「この世の中を少しずつでも美しくしていきたい。私の仕事は、そのささやかな表れである」

身の回りの生活そのものにおける「美しさ」を追い求め続けた魯山人。
その徹底振りと奔放さ故に人と衝突したり批判されたりすることも多かったという彼ですが、それはひとえに枠に囚われず自由に、ただ純粋に「美しいもの」を求めた心からのものだったのでしょう。

没後50年を迎えた今も色あせない、彼の目が見つめた「美」の世界。
この機会に是非、改めて体感してみては如何でしょうか。
きっと、私たちの生活にも通じる、新しい発見もあるはずです。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗