1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立近代美術館
  5. 「織」を極める 人間国宝 北村武資展

「織」を極める 人間国宝 北村武資展

2011/09/16 ~ 2011/10/30


【京都国立近代美術館】

京都国立近代美術館


「羅」と「経錦(たてにしき)」の二つの技で人間国宝に認定されている織師・北村武資(きたむら・たけし)。

1935年京都に生まれた彼は、中学校を卒業後、京都西陣で製織業に入ります。その後、5年間勤めた機屋を退職し、以後西陣を回りながら技術の習得
に励みます。
そして1959年大阪髙島屋で開催された初代龍村平蔵展を見て感銘を受け、同日に龍村美術織物株式会社に入社、その後、独り立ちへの歩みをはじめまし
た。

1963年には京都の友禅作家・森口華弘の主宰する染織研究会に参加するようになり、1965年伝統工芸日本染織展に初出品し、日本工芸会会長賞を受賞。また同年日本伝統工芸展に初出品、初入選を果たし頭角を表します。



北村武資に強い影響を与えたのは、1972年に開催された「長沙馬王堆漢墓(ちょうさまおうたいかんぼ)写真速報展」でした。展示されていた中国で発掘された古代織の「羅(ら)」の写真を見て、北村は強い興味を抱きます。「羅」とは、古代中国で用いられた、経糸が網目状に組織される綟り織(もじりおり)技法の織物のことです。以後、北村は非常に繊細な織による「羅」に挑戦し、数々の優品を日本伝統工芸展に出品しました。
この「羅」は歴史の中で埋没し忘れられかけていた技法であり、「幻の織物」とまで言われていたものでした。これを北村は己の力で現代に蘇らせたのです。


また、平金糸を使うことによって織物が透けて輝く「羅金」や、「羅」と同じ紋織りで密度の高いしっかりとした「経錦(たてにしき)」(※)など、古代の織技法を再現しました。
(※ 経錦:古代中国から伝わり、奈良・飛鳥時代の錦織に用いられた技法。三色の経糸を使って模様を織り出す)
1995年には「羅」が、2000年には「経錦」が重要無形文化財に指定され、北村武資は二つの技の保持者として現在も活躍しています。

今年で制作60年を迎える北村武資は、古代織の再現に留まらず、現代に生きる織として新しい世界に挑戦を続けています。織は極めて時間のかかる作業ですが、その厳しい制作態度は
織の美をめざす織人の足跡でもあります。
この展覧会では、新しい世界に挑戦し続ける北村武資の制作を展観し、その多彩な織の芸術を紹介します。

CHECK POINT

【関連イベント】講演会

「自作を語る」


講師:北村 武資 氏(出展作家)
日時:2011年10月1日(土) 14:00~15:30
会場:京都国立近代美術館 1階講堂
定員:100名
※聴講無料、当日11:00から受付にて整理券を配布します。

「文様のうらに潜む生命力と文化的背景」(仮題)


講師:立田洋司氏(静岡県立大学教授)
日時:2011年10月8日(土)14:00~15:30
会場:京都国立近代美術館 1階 講堂
定員:100名
※聴講無料、当日11:00から受付にて整理券を配布します。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗