1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立博物館
  5. 京博寄託の名宝―美を守り、美を伝える―

京博寄託の名宝―美を守り、美を伝える―

2019/08/14 ~ 2019/09/16


【京都国立博物館】

京都国立博物館

2019年9月、日本で初めてとなる国際博物館会議(ICOM)の世界大会が京都で行われます。京都国立博物館ではこれを記念し、「京博寄託の名宝―美を守り、美を伝える―」と題した特別企画展を開催します。

京都国立博物館は明治30年(1897)に開館しました。その主な設立目的は、京都の寺社に伝わる貴重な文化財を預かり大切に保管する寄託と、これの展示にありました。当時は廃仏毀釈・脱亜入欧の嵐が吹き荒れた後で、多くの文化財が毀損・遺失、もしくは国外流出の危機に直面していたためです。
それからおよそ120年が経ち、文化財を取り巻く状況は大きく改善されました。しかし、洪水や地震などの災禍が頻発する昨今、寄託の意義が色あせることは有りません。このことは、ICOM京都大会のテーマとなっている「文化をつなぐミュージアム-伝統を未来へ-」とも重なり合うものといえましょう。

今回の展覧会では、現在京都国立博物館に収蔵されている6,500件を超える寄託品の中から、国宝《伝源頼朝像》、国宝《風神雷神図屛風》など国宝や重要文化財を含む、選りすぐりの名品を展示します。2016年開催の特別展「国宝」に勝るとも劣らない美の極致を、この機会にぜひご鑑賞ください。

【作品画像】※左から順に
(1)重要文化財 色絵蓮華香炉 伝野々村仁清作 京都・法金剛院蔵
(2)国宝 伝源頼朝像 京都・神護寺蔵
(3)国宝 風神雷神図屛風 俵屋宗達筆 京都・建仁寺蔵
(4)重要文化財 束熨斗文様振袖 友禅史会蔵
(5)国宝 剣 無銘 附 黒漆宝剣拵 大阪・金剛寺蔵


CHECK POINT

【関連イベント】土曜講座

寄託制度と博物館



日時:2019年8月24日(土)13:30~15:00
講師:呉 孟晋(京都国立博物館 主任研究員)
定員:200名(予約不要・先着順受付)
料金:無料(当日の観覧券等が必要です)
※当日12:00より平成知新館1階グランドロビーにて整理券を配布します(定員に達し次第配布終了)

モノから聞こえる物語
―「唐鏡」はどこから来たのか―



日時:2019年8月24日(土)13:30~15:00
講師:永島 明子(京都国立博物館 教育室長)
定員:200名(予約不要・先着順受付)
料金:無料(当日の観覧券等が必要です)
※当日12:00より平成知新館1階グランドロビーにて整理券を配布します(定員に達し次第配布終了)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗