1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 野村美術館
  5. 錦秋のころ -月・菊花・紅葉を愛でる-

錦秋のころ -月・菊花・紅葉を愛でる-

2011/09/03 ~ 2011/12/04


【野村美術館】

野村美術館



日本は春・夏・秋・冬と4つの季節があり、昔から日本人は一年を通して変化に富んだ環境の中で生活を営んできました。
そして四季折々に花・木々・鳥などの自然や気候の変化を身近に感じ、日常生活だけではなく、文学や芸術、また美術の面でも多大な影響を受けてきました。

今回の展示では、野村美術館の館蔵品の中から、月・秋草・菊花・秋の虫・紅葉といったように、秋を連想させるデザインの施されたものや、秋から冬にかけて季節を彷彿させる銘のつけられた美術品を選びました。これらを軸に、「月見」・「名残」・「口切」・「開炉」などのテーマ毎に茶道具の取り合わせ形式で展示致します。
美術館周辺の景色だけでなく、館内でも「錦秋のころ」を体感していただければ幸いです。

主な出品物





【前期】
近衛家熈筆懐紙 詠野外尋虫
原羊遊斎作 青貝蛩香合
野々村仁清 菊花紋水指
丹波水指 銘 名月
永楽保全作 秋草絵茶碗 など

【後期】
酒井抱一筆 紅葉図
天明菊花釜
飛鳥川手茶入 銘 山里
紅葉呉器茶碗
青井戸茶碗 銘 落葉
仁阿弥道八作 雲錦手撫四方鉢 など

※展覧会は前期・後期で展示品が全面的に入れ替えられます。
【前期】9月3日(土) ~ 10月16日(日)/【後期】10月18日(火) ~ 12月4日(日)

CHECK POINT

【関連イベント】韓国茶文化の実演

日時:2011年9月22日(木) 13:00~、15:00~/9月23日(金・祝) 13:00~、15:00~ ※4回開催
会場:野村美術館 1階和室
料金:無料(ただし入館料は必要)
定員:各席15名(要予約・先着順)

※予約につきましては、電話にて美術館(075-751-0374 平日10時~16時受付)までお申込ください。定員に達しましたら応募を締め切らせていただきますので、御了承ください。

同時開催(地階展示室)

館蔵品展


「韓国の茶文化展」(2011年9月3日~10月10日)
「菓子器のいろいろ」(2011年1月1日~12月4日)
※9月30日(金)・10月28日(金)・11月29日(火)は、都合により地階展示室を閉鎖致しますのでご了承下さい。

個展


「祈りから希望の光へ… 村田浩一郎茶埦展」(10月12日~10月16日)
「第2回 幽展 山崎脩・甲斐玲子」(10月18日 ~10月23日)
「杉本貞光陶展」(10月25日~10月30日)
※各個展最終日は、16:00で終了致します。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗