1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 相国寺承天閣美術館
  5. 世界遺産 金閣・銀閣 寺宝展-墨蹟・絵画・茶道具の名品-

世界遺産 金閣・銀閣 寺宝展-墨蹟・絵画・茶道具の名品-

2009/12/13 ~ 2010/03/22


【相国寺承天閣美術館】

相国寺承天閣美術館


日本の伝統的な文化である能や茶道、華道、香道などは、室町時代がそのはじまりとされています。
そして、これらの文化の庇護者であり、推進者でもあったのが室町幕府の3代将軍・足利義満や8代将軍足利義政でした。
後世には、義満の時代の文化は「北山文化」、義政の時代を「東山文化」と呼ばれています。

金閣寺(相国寺塔頭鹿苑寺)は、元は義満が自らの別荘であった「北山殿」を造営したおりに建てられた観音殿。そこに金箔が貼られていたことから、いつの頃からか「金閣」と呼ばれるようになりました。また、銀閣寺(相国寺塔頭慈照寺)は義政が造営した「東山山荘」内に建てられた観音殿で、誰とはなく「金閣」に対して「銀閣」と呼ぶようになったことからその名がついたと言われます。

創建以来、鹿苑寺(金閣)は600年、慈照寺(銀閣)は500年の歳月が経ち、平成6年にはユネスコの世界文化遺産にも指定されました。そしてその長い歴史の中で様々な文化財も数多く伝えられ、それらは本山・相国寺の境内にある承天閣美術館で順次展示・公開されています。

今回の展覧会では、金閣・銀閣に伝わる墨蹟や絵画、茶道具といった寺宝の中から、書画約60点、工芸30点の名品を展示。江戸時代初期の金閣の姿を描いた「金閣寺遊楽図屏風」や、池大雅が克明に銀閣寺の実景を写した「慈照寺境内図」など初公開の作品も含まれています。選び抜かれた名品の数々を通し、金閣・銀閣の悠久の歴史と文化をご紹介します。

※この展覧会は(社)京都市観光協会の「第44回 京の冬の旅 非公開文化財特別公開」の協賛イベントです。
※会期中、時期により一部展示替される作品がございます。


 


CHECK POINT

金閣500年、銀閣400年―その歴史と文化を名品の数々から味わう。

【北山文化の美】


室町時代は、中国から伝わった品々「唐物」が特に愛好されていました。
今回の展示品にも、美しい鮮やかな発色が特徴的な南宋青磁『砧青磁筍花入』 や、足利義満の愛蔵品であった牧谿(もっけい)の『江天暮雪図』など中国との活発な交流によってもたらされた作品が展示されます。
また、昭和期の金閣の火事の被害を免れた『旧金閣閣上金銅鳳凰』(京都市指定文化財)も併せて展示されます。


【東山文化の侘び】


足利義政の東山文化の時代には、「幽玄」という言葉に象徴される「侘び」の美意識が尊ばれました。
この頃は禅僧が日頃の余技として描いた「禅余画」や「詩画軸」が好まれ、特に今回は室町幕府歴代のコレクションである東山御物から『真山水図』(天隠龍沢・与可心交賛、如拙筆)が初公開されます。
また、義政の遺愛の品として知られ、当時の美意識がよく伝わる優美な茶道具『古瀬戸鶴首茶入』も出品されます。


【近世の輝き】


室町幕府が終焉を迎えると、庇護を失った金閣・銀閣は一時衰退してしまいますが、その後歴代の僧侶たちの手で復興され、現在に至っています。その過程にもいくつもの重要な作品が両寺の所蔵品として加わりました。
金閣については、やはり特筆すべきは大書院の襖絵(全50面)を描いた、近年とても人気の高い伊藤若冲でしょう。
今回の展覧会では常設展示の大書院障壁画に加え、『中鶏左右梅図』(写真)などの所蔵作品が展示されます。
また銀閣からは、今回銀閣寺方丈の特別公開でも見ることが出来ない貴重な作品与謝蕪村『山水人物図』が展示されます。
また、茶道具からも、中国染付磁器の傑作『祥瑞一閑人反鉢(しょんずいいっかんじんそりばち)』など、近世の好みを今に伝える名品が出品されます。


【閣と庭とが織り成す美】


金閣・銀閣の魅力は建築と庭園が織り成す空間美にもあります。
今回はそれを題材にした作品として、金閣で遊ぶ人々の姿を活き活きと描いた『金閣寺遊楽図屏風』、そして池大雅が広大な銀閣の景観を情感豊かに描いた『慈照寺境内図』を初公開。
今も昔も人々の心を捉えてやまない金閣・銀閣景観の美しさ。絵画作品からも楽しんでみては如何でしょうか。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗