1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 幕末維新ミュージアム 霊山歴史館
  5. 2016年 春の特別展 幕末新収蔵品展「近代日本の夜明け」

2016年 春の特別展 幕末新収蔵品展「近代日本の夜明け」

2016/01/03 ~ 2016/05/08


【幕末維新ミュージアム 霊山歴史館】

幕末維新ミュージアム 霊山歴史館

2016年は慶応2(1866)年に薩長同盟が結ばれてから150年目にあたります。この同盟により反幕府の一大勢力が誕生し、幕末の動乱はさらに激しさを増していきました。

2015年後期放送のNHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」では、幕末から明治にかけての大阪がドラマの舞台となっています。主人公の「白岡あさ」は当時活躍した女性実業家・広岡浅子をモデルとしており、彼女の実家「今井家」は京都の豪商「三井家」、姉・はつが嫁いだ「山王寺屋」は大阪の豪商「天王寺屋」がモチーフ。また、ドラマには新選組の土方歳三や、薩摩藩の大久保一蔵(利通)や五代才助(友厚)など、幕末・明治に活躍したさまざまな人々が登場しています。

五代友厚は薩摩藩が文久5(1865)にイギリスへ留学させた19名の藩士の一人です。薩摩藩に先んじて長州藩でも現在の金額で5億円という巨費を投じて藩の優秀な若者5名を密かにイギリスへ留学させています。彼らのようないち早く西洋で学んだ留学生たちは、後に学んだことを近代的な軍隊の創出、産業・商業の発展などに生かし、明治維新後の日本における指導的立場を担いました。
明治維新を迎えるにあたって、多くの事件が起こり、各藩は変革を余儀なくされ、指導者たちは苦渋の選択を強いられました。そのなかで新しい人材が育ったのは、彼らが近代日本を目指して夢を描き、志を持って邁進したからでしょう。

今回の展覧会では、そんな幕末の動乱を乗り越え、明治維新期に幾多の困難を伴いながら日本の近代化を成し遂げた人々や事業に注目し、関連する新収蔵資料を中心に展示します。「あさが来た」にも登場する三井家ゆかりの刀剣や、「安政禁裏御所還幸図」、「北御屋敷図並組与力同心」、「ペリー来航のヘンリー・アダムス副使肖像画」、「漂流物の図」などの錦絵のほか、明治・大正・昭和に活躍した“経世済民の男”高橋是清に関する資料を初公開します。

また、坂本龍馬や新選組関連の資料も豊富に展示します。映像や実物に触れられる体験コーナーも充実しています。この機会にぜひ幕末維新の歴史に触れてみて下さい。

※この展覧会は2期制です。
【第1期】1月3日(日)~3月22日(火)/【第2期】3月24日(木)~5月8日(日)


CHECK POINT

【関連イベント】第72回維新土曜トーク「武士の美意識」

今回の維新土曜トークでは、京都市立芸術大学准教授で日本画家・川島渉氏を講師に迎え、「武士の美意識」をテーマに語ります。
江戸時代、幕末の武士たちはどのような美意識を持っていたのでしょうか。
武士道をベースに、刀剣や甲冑、衣服などに現代人以上の美意識を持っていた武士の姿を語っていただきます。

日時:2016年2月6日(土)13:30~
会場:霊山歴史館 講堂
講師:川島渉氏(京都市立芸術大学准教授、日本画家)
料金:500円(友の会会員の方は無料)
定員:160名(要予約)

《申込方法》
イベント名、お名前、ご連絡先、友の会会員の方は会員番号を明記の上、
電話・FAX・メールにて霊山歴史館までご連絡ください。

【関連イベント】日帰りバスツアー「新選組と長州藩士の幕末京都」

2015年NHK大河ドラマ「花燃ゆ」でも描かれた幕末ゆかりの京都を、木村武仁学芸課長の解説付きでたっぷり1日めぐる日帰りツアーです。
久坂玄随や入江九一ら長州藩士ゆかりの地見学のほか、通常は非公開となっている新選組屯所跡「旧前川邸」の土蔵内部も特別見学します。
※京都新聞旅行センターと霊山歴史館とのタイアップ企画です

開催日:2016年2月7日(日)、3月6日(日)、4月3日(日)
集合場所:《京都駅南口駅前広場》9:00/《四条大宮》9:20
講師:木村武仁氏(霊山歴史館 学芸課長)
料金:一般 11,980円/友の会会員の方 11,380円
※大人・子どもとも同額、昼食付き

《申込・お問い合わせ》
京都新聞旅行センター
TEL:075-256-2233(平日 10:00~18:00/土曜 10:00~15:00)

詳細はこちら

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗