1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 美術館「えき」KYOTO
  5. 生誕130年記念 菊池契月展

生誕130年記念 菊池契月展

2010/01/02 ~ 2010/01/24


【美術館「えき」KYOTO】

美術館「えき」KYOTO


繊細優美でありながら凛とした強さをあわせもつ人物画で知られる、日本画家・菊池契月(1879~1955)。


明治時代後期から昭和前期にかけて京都を拠点に活躍した契月の作品は、没後50年以上を経た今も色褪せることなく、見る人を魅了し続けています。

現在の長野県中野市に生まれた契月は、郷里でまず児玉果亭に師事して南画を学びました。その後1896(明治29年)に京都へ移り、翌年菊池芳文に入門し、四条派を基調とした本格的な絵画修業を始めました。
芳文のもとで修業に励んだ契月は、文展などで受賞を重ね、瞬く間に京都画壇の有力作家として注目を集めるようになります。
その後、ヨーロッパ視察を経た契月は、西洋絵画と大和絵とを融合した清澄典雅な作品を次々と発表。画家としてその名を不動のものとしました。

その一方で契月は、菊池塾、京都市立絵画専門学校で、宇田荻邨、梶原緋佐子ら多くの後進の画家たちを育て、指導者としても大きな業績を残しています。

生誕130年を記念して開催されるこの展覧会では、初期から晩年までの代表作はもちろん、新出作品や、ヨーロッパ滞在期に描いた模写、写生帖など約75点を展示。菊池契月の芸術世界に迫ります。


CHECK POINT

繊細優美な画風を生んだ、欧州留学。

契月の特徴である繊細さと凛とした強さを併せ持つ独自の画風が生まれるきっかけとなったのは、大正11年のヨーロッパへの留学といわれています。
契月は1年ほどフランスやイタリアなどを中心に各地を訪問し、そこで幾つもの作品を模写しました。この経験によって古典的作品の価値を再認識した契月は仏教美術や大和絵など日本の古典美術を研究し、自身の作品にも活かされることになります。

今回、展覧会ではその留学時に描かれたスケッチや模写も見ることができます。
彼がヨーロッパで模写をした作品には、ジョットやチマブーエなど、ルネッサンス絵画の中でも初期、中世の絵画の影響が残る画家の作品が多く残されています。この頃の作品は装飾的な色彩感覚とはっきりとした輪郭線に特徴があると言われます。
契月の画風の特徴も、すっきりとした線描と晴れやかな色彩といわれていますし、どこか通じるものがあるように思えます。

実際、この留学前と後では契月の作風には明らかに変化があると言われます。
展覧会では初期から晩年まで彼の生涯一連の作品を通覧することができますので、模写と併せて見ることで、その変化を味わってみると面白いのではないでしょうか。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗