1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 思文閣美術館
  5. 木田安彦の世界 「富士百観とふるさとの名山」展

木田安彦の世界 「富士百観とふるさとの名山」展

2010/04/24 ~ 2010/08/01


【思文閣美術館】

思文閣美術館


版画のみならず、ガラス絵、板絵、書、陶やポスター、カレンダーなどあらゆる分野に果敢に挑戦し、京都から世界へ発信し続ける芸術家・木田安彦。
NHKの大河ドラマ『新撰組!』のタイトル版画の制作を手がけたことでも知られています。

デザイナーとして出発し、唯一無二の木田版画を確立した木田安彦は、昨年2009年の「西国三十三所」を最後に、35年間の版画家としての活動に終止符を打ち、刀を置きました。それは一方で、絵画による新たな可能性を探求し、芸術の高みを目指す画家・木田安彦としての始動を意味します。

「ふるさとの名山」は、2000年~2006年まで7年の歳月をかけて、北から南まで日本の名山を網羅した総数42点にのぼる版画作品です。大胆な構図を配して、それぞれの山の特徴を見事にとらえたこれらの作品は、2004年より同時並行で制作された「西国三十三所」にいたる前の記念碑的作品で、木田は、この一連の名山シリーズで木版画の可能性を求め、一点毎に新たな実験をしてきたと述べています。



また、木田が表現方法の1つとして、長年取り組んできたガラス絵で描いたのが「富士百観」です。
ガラス絵で富士山を100点描くという壮大な構想のもとに、2007年から制作を始め、新作を含めた20点は版画「ふるさとの名山」18点と共に初公開になります。この両作品はいずれも岩谷産業のカレンダーとして制作されもので、これらが一同に展示されるのはこの展覧会が初となります。

CHECK POINT

作家本人によるギャラリートーク

期間中、木田安彦氏本人による対談形式のギャラリートークが開催されます。
※参加無料。展覧会の入場券のみで参加可能です。

(1) 5月15日(土) 14:00~ ※終了しました。
木田安彦氏×村田慶之輔氏(川崎市岡本太郎美術館館長)

(2)7月18日(日)14:00~
木田安彦氏×鷲田清一氏(大阪大学総長)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗