1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 刑務所の「いま」を知る写真展

刑務所の「いま」を知る写真展

2019/01/09 ~ 2019/01/19


欧米では一般的な学問分野である「犯罪学」を、世界で最も安心・安全な国のひとつとされる日本ならではの観点で、 学際的に研究活動を行っている龍谷大学 犯罪学研究センター。この度、そのセンターでは平成という時代の犯罪・社会問題を写真を通じて振り返る「刑務所の「いま」を知る写真展」を開催します。この展覧会は、刑事司法制度への市民の理解を深め、 諸問題への取り組みの促進を目指す「CrimeInfo」の企画に賛同して行うもので、関西では初開催となります。

平成という時代が終わろうとしています。わたしたちの記憶にも、さまざまな平成の事件が刻み込まれています。しかし、彼・彼女らが、どのような生活の中で罪を償っているのかは、あまり知られていません。いま、刑務所は、高齢受刑者の増加や薬物自己使用者の再犯といった問題、少年・若年の収容者の減少などといった状況に直面しています。今回展示される写真は、法務省矯正局、各刑事施設による全面協力のもと、東京工芸大学芸術学部写真学科で芸術をまなぶ6名の学生たちが、刑務所・拘置所に入り、写真撮影を通して、受刑者の日常に触れ、それぞれの若き感性で表現したものです。新しい時代のはじまりに、新しい日本を考えていく機会を提案します。
また、写真展の期間中、さまざまな資料や関連イベントを通じて、本学の刑事政策・犯罪学に関する研究と教育の成果を紹介します。

この機会にご高覧ください。
 

会場・アクセス

龍谷大学 深草キャンパス 至心館2F パドマ
〒612-8577 京都市伏見区深草塚本町67
【市バス】「龍谷大学前」下車すぐ
【地下鉄】烏丸線「くいな橋」駅下車、東へ徒歩約7分
【京阪】「深草」駅下車、西へ徒歩約3分
【JR】奈良線「稲荷」駅下車、南西へ徒歩約8分


CHECK POINT

【関連イベント】「龍谷・犯罪学」トライアル授業

今回の写真展の企画構想に携わる佐藤 舞さんが、日本の刑事政策の中でも死刑制度をテーマにした講義を実施します。

日時:2019年1月12日(土)13:15~18:30
講師:佐藤 舞(龍谷大学犯罪学研究センター嘱託研究員/レディング大学准教授)
会場:龍谷大学深草キャンパス至心館1階
料金:無料
※この講義は単発受講・一般の方の参加も可能です
※参加は申込優先制です→【申し込み・詳細はこちら
※授業は英語で行われます

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗