1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都芸術センター
  5. 【展覧会ドラフト2015】【PARSOPHIA特別連携プログラム】川村真純「鳥の歌」

【展覧会ドラフト2015】【PARSOPHIA特別連携プログラム】川村真純「鳥の歌」

2015/03/07 ~ 2015/05/10


【京都芸術センター】

京都芸術センター

京都芸術センターが毎年開催している公募展企画「展覧会ドラフト」。今回はPARASOPHIA:京都国際現代芸術祭2015の特別連携プログラムとして、PARASOPHIAのアーティスティックディレクター・河本信治氏により選ばれた展覧会企画を開催します。

今回展示を行うのは、写真家・川村真純。「鳥の歌」と名づけられた展覧会では、作家自身が台湾を旅し、出会った人々や出来事の記録から展示を構成。そこに生きた台湾と日本人の夫婦、家族の姿を提示します。

川村はこれまでも他者との関わりをテーマに作品を制作してきました。今回の作品では、台湾と日本という2つの国で、表舞台には出てこない個人の経験を拾い上げ、新たな歴史を浮かび上がらせることを試みます。

きっかけとなったのは以前川村が出会った81歳(1933年生まれ)の日本人女性との出会いでした。彼女が台湾人男性と結婚していたという事実を知った川村は、彼女が台湾人と結婚にいたるまでどのように言葉や習慣の違いを乗換え、夫婦として深い関係を築くことができたのかに強く関心を抱くようになりました。そして、夫婦という普遍的関係を題材にしながらも、その仲に見え隠れする歴史を引き出すため、台湾で6名の女性にインタビューを行いました。じっくりとリサーチを行い、写真・地図など当時の貴重な資料とともにその人たちの半生を聞くうち、これまで語られてこなかった台湾の姿がくっきりと浮かび上がってきたといいます。
今回は、インタビューを編集した映像とともに、写真・資料をあわせて展示します。

タイトルの「鳥の歌」は、スペインのカタルーニャ地方に生まれた音楽家、パブロ・カザルスが好んだ民謡のタイトルからとったものです。カザルスは故郷への思いと平和への願いをこめてこの歌を演奏したといわれることから、展覧会では「鳥」を台湾と日本をつなぐ象徴とし、関係する短歌や音楽、詩を展示の中に散りばめます。

―ひとは歴史から何を学び、どう未来につなげるのか―
この展覧会は、現代人に問われ続けているこの問題に、ひとりひとりが向き合うきっかけとなることでしょう。

PARASOPHIA:京都国際現代芸術祭2015 についてはこちら!

川村真純

2012年 東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修士課程修了。
他者との関係性に関心をもち、映像と写真で作品を制作している。

【主な個展】
2011年 「Mirror Portraits」AIT(東京)
2012年 「「Mirror Portraits」LIXILギャラリー(東京)
2013年 第7回シセイドウアートエッグ展「川村麻純 Mirror Portraits」資生堂ギャラリー(東京)


CHECK POINT

【関連イベント】川村真純 対談イベント

会期中、出展作家・川村真純と、PARASOPHIA参加アーティストとの対談イベントを開催します。

【対談1】川村真純×王虹凱


国際的に活躍している台湾出身のアーティスト、王虹凱(ワン・ホンカイ)との対談。
入念なリサーチをから作品を作り上げるまでの制作プロセスを語り合います。

日時:2015年3月7日(土)16:00~
会場:京都芸術センター ミーティングルーム2
出演:川村真純(写真家/出展作家)、王虹凱(美術家/PARASOPHIA参加作家)
※逐次通訳有り
※参加無料

【対談2】川村真純×やなぎみわ


京都を拠点に活動を行っている日本を代表する現代アーティストのひとり・やなぎみわとの対談。
台湾独自の文化である移動舞台車をヨコハマトリエンナーレに続いてPARASOPHIAでも発表予定のやなぎと、文学や美術からみえてくる台湾について語ります。

日時:2015年3月14日(土)16:00~
出演:川村真純(写真家/出展作家)、やなぎみわ(美術家/PARASOPHIA参加作家)
※参加無料

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗