1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 染・清流館
  5. 河口洋一郎の宇宙 サイエンスorアート

河口洋一郎の宇宙 サイエンスorアート

2012/03/01 ~ 2012/04/08


【染・清流館】

染・清流館


宇宙への探検の渇望は、生まれ故郷の種子島で過ごした子供のころから今に至るまで、続いている。
新たな芸術生命体を考える根源的なアイデアを地球の自然、生物の進化に求め、5億数千万年の太古の生物から
の進化を考えながら、5億数千万年後の未来生物を想像する。
その芸術生命体の形や色は、花鳥風月と傾奇(かぶき)に基づく。僕の考える花鳥風月は深海や宇宙の生命も
対象にして、奇抜さがある。宇宙の花鳥風月は太陽系をはるかに乗り越えてビッグバンがおきたあとのザ・ユニバー
スで起こるドラマだ。そこには想定できないドラマがあるだろう。傾奇は、豪華絢爛、色彩豊かで艶やか、生命
力豊かなイメージを連想させる。鮮やかな花から多様な色彩を持つ熱帯の魚。超豪華な飲めや歌えの宴席。その
イメージは、艶やかな舞台から暗黒空間まで広がる。
その世界を、「日本古来の伝統文化 着物、屏風、扇子」という小宇宙で表現したい。 (河口洋一郎)


ヴェネツィア・ビエンナーレの日本館担当のほか、国内外で活躍するCGアーティスト、河口洋一郎さん。
2009年には重要文化財・湯島聖堂にて展覧会を開催したほか、種子島宇宙センターでも展覧会を開催するなど、精力的な活動を行っています。
特にCGアートをデザインした着物は、宇宙飛行士の古川聡さんも宇宙での実験の際に着用するなど話題となりました。

伝統と最先端アートの出会いをこの機会にお楽しみください。

CHECK POINT

河口洋一郎 プロフィール

1952 年 鹿児島県 種子島生まれ。東京大学大学院情報学環教授。
1975年より自己増殖する「グロ―ス・モデル」で独自のアート世界を確立、世界的CGアーティストとして活躍し、現在は進化する宇宙生命体の立体造形/ロボットの創出など多岐にわたり拡張を続けている。
第46 回ヴェネツィア・ビエンナーレ’95日本館代表作家。2010年米国ACM SIGGRAPH国際大会にて栄誉あるディスティングイッシュト・アーティスト・アワード受賞。

主な展覧会


1986 年 ヴェネチア・ビエンナーレ特別企画展/イタリア
1991 年 境界線の美術展/セゾン現代美術館/長野県
1995 年 ヴェネチア/ビエンナーレ日本館代表作家/イタリア
2002 年 河口洋一郎のCG 世界/つくば美術館/茨城県
2005 年 河口洋一郎展「生命宇宙の世界」/キヤノンサロン
2009 年 河口洋一郎 表現科学展/湯島聖堂/東京
2009 年 河口洋一郎のCG 宇宙/種子島宇宙センター鹿児島県
2010 年 河口洋一郎生命宇宙 Gemotion /上海虹橋現代美術館
2011 年 BIOMECANICA(ビオメカニカ) ─河口洋一郎の異形博物誌/東京大学総合研究博物館小石川分館

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗