1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都嵯峨芸術大学附属博物館
  5. 京都嵯峨芸術大学の先人達 第3回「川端彌之助展~京都嵯峨芸術大学所蔵品より~」

京都嵯峨芸術大学の先人達 第3回「川端彌之助展~京都嵯峨芸術大学所蔵品より~」

2010/04/02 ~ 2010/05/08


【京都嵯峨芸術大学附属博物館】

京都嵯峨芸術大学附属博物館





京都嵯峨芸術大学の礎を築いた人々の作品を展示する「京都嵯峨芸術大学の先人達」の第3回では、川端彌之助を中心に取り上げます。

川端彌之助(1893-1981)は大正から昭和にかけて活躍した洋画家です。
関西美術院で澤部清五郎に学び、その後大正11年にフランスに渡ってギュスターヴ・モローの弟子であるシャルル・ゲランに師事しました。帰国後は梅原龍三郎らも参加していた美術団体・春陽会に入会し、創作活動をを行います。
戦後には京都嵯峨芸術大学の前身、嵯峨美術短期大学の教員となり、創設期より洋画を教え、多くの後進を育てました。
今回の展覧会では、大学縁の人物である川端彌之助の、博物館所蔵の油彩画作品を中心に展示します。

【川端彌之助(かわばた やのすけ)略年表】
1893年 京都に生まれる
1918年 慶應義塾大学卒業
1920年 第7回二科展初出品、初入選
1922年 渡仏、シャルル・ゲランに師事
1924年 サロン・ドートンヌ入選
1925年 帰国。第3回春陽展出品、以後第54回展まで出品
1956年 京都市立芸術大学教授就任
1963年 京都市立芸術大学退官
1971年 嵯峨美術短期大学教授就任
1979年 嵯峨美術短期大学退職。同短期大学名誉教授の称号を受ける
1981年 逝去


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗