1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立近代美術館
  5. KATAGAMI Style -もうひとつのジャポニスム

KATAGAMI Style -もうひとつのジャポニスム

2012/07/07 ~ 2012/08/19


【京都国立近代美術館】

京都国立近代美術館


19世紀後半、欧米では産業構造の変化に伴い、時代に即した新しいデザインが求められていました。
その時期に万国博覧会などを通じて伝えられた日本の美術・工芸品は、欧米の人々に驚きの目を持って迎えられ、大いに流行すると共に多くの芸術家たちに多大な影響を与えました。
「ジャポニスム」と呼ばれるこの現象は、特に絵画の分野において、モネやゴッホなど印象派の芸術家たちと浮世絵の関連がよく知られています。

しかし、浮世絵と並んで欧米の芸術家やデザイナーたちに高く評価され、大いに影響を与えたものがあります。
それは着物などの文様染め(型染)に使われる、日本古来の伝統工芸「型紙」でした。


自然のモチーフの大胆なデフォルメ、曲線的な文様と幾何学的なパターンを組み合わせた日本の型紙のデザインや高度な技術は、多くの欧米の芸術家・デザイナーを魅了し、積極的に収集されました。
そして型紙のデザインはアーツ・アンド・クラフツ(イギリス)やアール・ヌーヴォー(フランス)などの美術・工芸改革運動にも大きな影響を与え、欧米の文化にも取り入れられ、消化されていったのです。
また、「KATAGAMI」の影響は現代のデザインにも受け継がれ、その魅力が再発見されて世界で注目を集めています。

「KATAGAMI Style」展は、19世紀末から20世紀初頭にかけて欧米に渡った日本の美術・工芸品のなかでも特にこの「型紙」に注目し、欧米の芸術・デザインにどのような影響を与えたのかを紹介する、日本初の試みです。



型紙の歴史にはじまり、イギリス、アメリカ、フランス、ドイツ、オーストリア、ベルギー、オランダと欧米各国における型紙の受容と展開の様子、そして現代に受け継がれる型紙の影響と活用の動きを、国内外約70箇所から集めたさまざまなジャンルの作品約400点でご紹介します。

染物の道具だった「型紙」が海を渡り、本来の用途を超えて昔も今も世界の美術・デザインに与える新鮮な驚き―もうひとつのジャポニスムを、展覧会でご覧ください。

※期間中、展示替がございます。
【前期】7月7日(土)-7月29日(日)/【後期】7月31日(火)-8月19日(日)





CHECK POINT

【関連イベント】展覧会コミッショナーによる 記念パネルディスカッション「型紙を通して見えてきた世界と日本」

展覧会を担当したコミッショナーの皆さんが登壇、展覧会の解説・講演を行うパネルディスカッションです。

【登壇者】
馬渕明子(日本女子大学教授)
高木陽子(文化学園大学教授)
長崎 巌(共立女子大学教授)
池田祐子(京都国立近代美術館主任研究員)

日時:7月21日(土) 午後2時 − 午後5時
会場:京都国立近代美術館1階講演室
定員: 100名
※聴講は無料です。
※事前申し込みは不要です。当日11:00から受付にて整理券を配布します。

【関連イベント】記念講演会「型染の歴史と京型紙」

染織研究の第一人者・藤井健三先生による記念講演会です。

【講師】
藤井健三(財団法人西陣織物館顧問)

日時:8月4日(土) 午後2時 − 午後3時30分
会場:京都国立近代美術館1階講演室
定員:100名
※聴講は無料です。
※事前申し込みは不要です。当日11:00から受付にて整理券を配布します。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗