1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. アサヒビール大山崎山荘美術館
  5. かたちのであい ルーシー・リー、ハンス・コパーと英国陶磁

かたちのであい ルーシー・リー、ハンス・コパーと英国陶磁

2015/09/19 ~ 2015/12/13


【アサヒビール大山崎山荘美術館】

アサヒビール大山崎山荘美術館

【作品画像】
(1)ルーシー・リー《青釉黒覆覆輪鉢(せいゆうこくふくりんはち》1984年頃 アサヒビール大山崎山荘美術館蔵
(2)ハンス・コパー《花生》1963年 京都国立近代美術館蔵
(3)ルーシー・リー《壺》1965年頃 京都国立近代美術館蔵 Estate of the artist
(4)バーナード・リーチ《スリップウェア グリフィン図大皿》1952年頃 アサヒビール大山崎山荘美術館蔵


没後20年を迎え、今まさに注目を集めているオーストリア出身の陶芸家ルーシー・リー(1902-95)と、近年日本での評価を高めているドイツ出身の陶芸家ハンス・コパー(1920-81)。第二次世界大戦の戦禍を逃れてイギリスへ亡命した2人は、異国の地で長年にわたり同じ工房で働き、ときには共同制作をしながら、それぞれの創作に向きあいました。

作風や方向性の違いはあるものの、彼らの作品の多くには、ろくろで薄くひいたパーツを組みあわせ、納得のいくかたちをつくり出すという共通した特徴があります。薄さゆえのかろやかさを 纏ったかたちとかたちの組みあわせは、抑揚の効いた新たなバランスを生みだして多様な表現を可能にするとともに、都市の洗練に根ざした理知的で静謐な世界観を構築しました。その結晶である2人の作品群は、今なお人々を魅了し続けています。

一方、リーとコパーがロンドンで制作を始めた当時、イギリスの陶芸界の潮流は英国陶磁の伝統的な技法や作風を再発見して新たな価値を見出した、素朴かつ重厚で力強いやきものでした。その中心にいたのが、バーナード・リーチ(1887-1979)です。日本の民藝運動と深く関わったリーチを通じて、リーとコパーは柳宗悦(1889-1961)や濱田庄司(1894-1978)らとも交友をもつことになります。2人はさまざまな出会いを通して、次第に自己の作風を確立し、イギリス現代陶芸の新たな扉を開くことになりました。

今回の展覧会では、日本を代表する陶芸コレクションを有する京都国立近代美術館からリーとコパーの貴重な作品群を、そしてアサヒビール大山崎山荘資料館の所蔵品から、英国陶磁とのかかわりを示すリーやリーチ、濱田や富本憲吉らの作品群をあわせ、当時の様子を鑑みながらご紹介します。
さまざまな出会いと関わりによって生まれた作品の魅力をじっくりとお楽しみください。


CHECK POINT

【関連イベント】アサヒ ラボ・ガーデン提携企画
レクチャー「ルーシー・リーとハンス・コパーの生きた時代」

展覧会をより深く理解できるレクチャーイベントです。

日時:2015年10月3日(土)、11月28日(土)14:00~15:00
会場:アサヒ ラボ・ガーデン
※JR「大阪」駅・各線「梅田」駅最寄
※アサヒビール大山崎山荘美術館での開催ではございませんので、ご注意ください。

講師:アサヒビール大山崎山荘美術館 学芸員
参加費:無料(ただし、美術館の入館料は別途必要です)
定員:40名 (要申込/抽選)
※こちらの申込みは、アサヒ ラボ・ガーデンにお問い合わせください。
イベント詳細ページ

【関連イベント】トークイベント

アルビオン・ミューズ工房時代のルーシー・リーとハンス・コパー


欧米の陶芸美術雑誌にも多く寄稿されている陶芸研究家・西マーヤ氏を招き、
ルーシー・リーとハンス・コパーが関わりを持つこととなったアルビオン・ミューズの工房時代を中心に、当時の様子を語ります。

日時:2015年10月4日(日)14:00~15:00
会場:アサヒビール大山崎山荘美術館 展示室
ゲスト:西マーヤ氏(陶芸研究家)
参加費:無料(ただし、美術館の入館料は別途必要です)
定員:50名(要申込/先着順受付)

《申込方法》
FAX(075-957-3126)または往復はがきにて
(1)イベント名(2)参加者全員分の氏名
(3)代表者の住所(4)代表者の電話番号(5)代表者のFAX番号
上記を明記の上、「イベント係」までお申込ください。

※申込は1回2名様まで
※往復はがきの場合は、参加希望日1週間前必着となります
※電話・メールでの受付はございません。
※定員に達し次第、美術館のWEBサイトにてお知らせいたします。

【関連イベント】ギャラリートーク

アサヒビール大山崎山荘美術館の学芸員が展示の見どころを解説します。

日時:展覧会期間中 第2・第4土曜日(ただし12月12日を除く) 各日14:00~14:30
会場:アサヒビール大山崎山荘美術館 展示室
参加費:無料(ただし、美術館入館料は別途必要です)
※事前申込不要

【カフェ企画】ルーシー・リーの贈り物

アサヒビール大山崎山荘美術館の喫茶室では、
リーガロイヤルホテル京都が展覧会のために考案した限定オリジナルスイーツが楽しめます。

今回は「ルーシー・リーの贈り物」と題し、ルーシー・リーが客人をもてなす際にふるまったというチョコレートケーキを、彼女のオリジナルレシピをもとに再現・アレンジしました。リーの代名詞である鉢とボタンをイメージし、花弁のように軽やかなかたちを、釉薬を思わせる上品なピンク色でほのかに彩り、中心にはホワイトチョコレートをあしらっています。
この機会にぜひご賞味ください。

提供期間:展覧会期間中
会場:アサヒビール大山崎山荘美術館 2階喫茶室
料金:500円(単品税込/美術館の入館料は別途必要です)

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗