百人一首 歌仙絵の世界

2016/03/29 ~ 2016/06/19


【小倉百人一首殿堂 時雨殿】

小倉百人一首殿堂 時雨殿

百人一首のかるたや画帖、手鑑などには、「歌仙絵」と呼ばれる歌人の画像が描かれています。

歌仙とは優れた歌人のことで、『古今集』の真名序(漢文で書いた序文)に柿本人麻呂と山部赤人を「和歌の仙」と表現しているのが最初とされ、後に六歌仙や三十六歌仙などの歌仙絵が作られました。
江戸時代に誕生した百人一首のかるたや画帖に描かれた歌仙絵は、和歌と調和しながら画面を美しく彩るとともに、絵師や制作年代を考えるヒントが隠されていることもあり、学術的にも重要な意味を持っています。

今回の展覧会では、現存最古の百人一首かるたとされる「道勝法親王筆 百人一首かるた」(兵庫・滴翠美術館蔵)を中心に、江戸時代に描かれたさまざまな百人一首の歌仙絵を取り上げ、その華麗で豊かな世界をご紹介します。


CHECK POINT

【関連イベント】関連講演会「百人一首 歌仙絵の世界」

日時:2016年5月22日(日)14:00~15:00
講師:吉海直人氏(同志社女子大学教授・時雨殿館長)
会場:小倉百人一首殿堂「時雨殿」2階大広間
定員:100名(要予約/先着順受付)
料金:無料(入館料が別途必要です)

申込方法


FAX、メール、郵送、またはホームページ内の申込フォームより、
イベント名・ご氏名(漢字・フリガナ)、住所、電話番号・FAX番号・メールアドレス
を添えてご連絡ください。
※こちらのイベントは参加証はお送りいたしません。当日は会場に直接お越しください。
※詳細は公式サイトをご確認いただくか、施設までお問い合わせください。

【関連イベント】嵯峨・嵐山百人一首散歩~厭離庵・慈眼堂特別拝観~

小倉百人一首の選者・藤原定家ゆかりの厭離庵・慈眼堂(いずれも通常非公開)を拝観する現地講座です。時雨殿にて事前学習の後、新緑が美しい初夏の嵯峨・嵐山を歩きながら、百人一首ゆかりの地を特別に拝観します。

日時:2016年6月5日(日)13:00~16:00
定員:30名(要予約/先着順)
料金:一般 2,500円/時雨殿友の会・賛助会会員 1,500円(双方時雨殿の入館料・拝観料を含む)

申込方法


FAX、メール、郵送、またはホームページ内の申込フォームより、
イベント名・ご氏名(漢字・フリガナ)、住所、電話番号・FAX番号・メールアドレス
を添えてご連絡ください。
※こちらのイベントは折り返し参加証をお送りいたします。
※詳細は公式サイトをご確認いただくか、施設までお問い合わせください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗