1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. アサヒビール大山崎山荘美術館
  5. かんさいいすなう-人はすわって考える?大山崎山荘にすわろう

かんさいいすなう-人はすわって考える?大山崎山荘にすわろう

2011/06/17 ~ 2011/09/25


【アサヒビール大山崎山荘美術館】

アサヒビール大山崎山荘美術館


日本人にとって椅子とは?

日本では畳の上の生活が中心だったため、現在のように大衆が広く椅子を使い始めたのは明治以降のことです。
しかし一方で、高僧の椅子や、織田信長の椅子、玉座、「社長の椅子」といった言葉にもイメージされるとおり、椅子は地位や権力を持つ者に用いられ、そのステータスを象徴するものにもなっています。

 
生活におけるひとつのツールでありながら、用途だけでなく造形的に、象徴的に、幅広い可能性を秘めた題材として、工芸家やデザイナーの心を捉え続けている椅子。
今日の日本人の生活スタイルや、好みに即した椅子作りを目指す作家も増えつつあります。


 




アサヒビール大山崎山荘美術館では、京都で活躍した民藝を代表する木漆工芸家・黒田辰秋(1904-1982)の椅子作品を所蔵しています。
あわせて、
大正から昭和初期にかけて建築された山荘内の作り付けの革張り椅子についても、
大山崎山荘のシンボル的存在となっていました。

この展覧会ではさらに地元・関西で
活躍する工芸家の仕事に光を当て、現役の作家30名による約50脚の力作が登場します。
多様なそれぞれの椅子に腰掛けて、機能性や造形性を確かめながら、 「今(なう)」の生活スタイルに思いを馳せてみてください。

また期間中には「あの人の椅子」コーナーにて、関西でご活躍中の おかけんた氏(タレント)、橋下徹氏(大阪府知事)、山田啓二氏(京都府知事)が座っておられる椅子もお目見えします。
※ここで展示される椅子には腰掛けられませんのでご注意ください。

出品作家一覧(敬称略)

青木義雄、雨森一彦、宇納正幸、岡田光司、窪田謙二、小島雄四郎、斉藤望
坂田卓也、笹倉徹、建田良策、田中清貴、玉村嘉章、佃眞吾、都築秀行、徳永順男、戸田直美、中川勝之、林靖介、平松源、藤嵜一正※、古家悦子、宮本貞治、村上浩次、村上有佳、村山明※、安森弘昌、八十原誠、山極博史、山本伸二


※印の椅子作品はパネルのみの紹介となり、椅子以外の作品を展示予定です。


「京都で遊ぼうART」スタッフによる展覧会レポートはこちら!
CHECK POINT

【関連イベント】特別展示「あの人の椅子」&参加型展示「私のお気に入りの椅子はこれ!」

特別展示「あの人の椅子」


期間:展覧会期間中
関西の著名人のタレントの おかけんた氏、大阪府知事の橋下徹氏、京都府知事の山田啓二氏の椅子がお目見えします!

※ここで展示される椅子は腰掛けられません。

参加型展示「私のお気に入りの椅子はこれ!」


期間:展覧会期間中 
展覧会に出品されている作品の中からお気に入りの椅子を選んで記入し、受付でご提出ください。
結果は会場やブログの中で一部を紹介し、作家本人にも声を届けます。
参加者には記念ポストカードを進呈!

【関連イベント】アーティストトーク

展覧会に作品を出品している作家本人によるトークショーです。
(期間中4回開催予定)

1) 6月18日(土) 村山明
2) 7月 2日(土) 窪田謙二・八十原誠
3) 7月16日(土) 坂田卓也・佃眞吾
4) 8月13日(土) 建田良策・安森弘昌

時間:各回 14:00~約30分 ※本館受付にお集まりください。
定員:20名
※事前のお申し込みは不要です。入館料は別途必要です。

【関連イベント】ワークショップイベント

「樽(たる)の古材を使って小物を作ろう!」


ウィスキーの醸造で用いる樽。
この古材を材料に、文具、おもちゃなどを制作します。
日時:7月30日(土) 13:30~16:30
講師:玉村嘉章
会場:大山崎ふるさとセンター → アクセスについてはこちら
定員 :30名
参加費 :1,500円(美術館入館料は別途必要です)

※協力 :NPO法人 京都匠塾 、ニッカウヰスキー株式会社

「木のマイスプーン作り」


木で自分だけのマイスプーンを制作。制作の後、作ったマイスプーンでデザートをいただきます。
日時:8月6日(土) 13:00~16:00
講師:戸田直美
会場:アサヒビール大山崎山荘美術館 レストハウス(庭園内)
定員 :15名
参加費 : 1,500円(美術館入館料は別途必要です)

申し込みについて


※各回とも要予約(先着順)、小学生以上対象です。
※FAXにて参加受付となります。
(1)参加希望日 (2)お名前 (3)ご住所 (4)お電話番号 (5)FAX番号 をご記入の上 、
「かんさいいすなう ワークショップ係」までお送りください。FAX:075-957-3126

【関連イベント】アサヒ・アート・フェスティバル「きりこ ワークショップ」

今年で10周年を迎える、アサヒビール・NPO・市民グループの協同で全国各地を会場に開催されているアサヒ・アートフェスティバル。
その一環で、東日本大震災で亡くなった方への鎮魂と被災地の再生を願い、「きりこ」のワークショップが開催されます。
「きりこ」は宮城県~岩手県にかけて伝わる伝統的な切り紙細工のこと。参加者の皆さんの思い出・宝物をが「きりこ」で表して頂き、アサヒビール本社ロビーに飾られた後、岩手県南三陸町に届けられます。
アサヒ・アートフェスティバルについてはこちら

きりこの街・南三陸町のお話と「きりこ」ワークショップ


日時:7月23日(土) 13:00~17:00
会場:大山崎ふるさとセンター → アクセスについてはこちら
きりこの町のお話:加藤種男(アサヒビール芸術文化財団事務局長) 他
定員:100名
参加費:無料(美術館の入館料は別途必要です)

申し込みについて


※事前の申し込みが必要です(先着順)
※FAXにて参加受付となります。
(1)お名前 (3)ご住所 (4)お電話番号 (5)FAX番号 をご記入の上 、
「きりこ ワークショップ係」までお送りください。FAX:075-957-3126

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗