1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都国立近代美術館
  5. 生誕110年 東山魁夷展

生誕110年 東山魁夷展

2018/08/29 ~ 2018/10/08


【京都国立近代美術館】

京都国立近代美術館

戦後日本を代表する国民的画家と謳われた、日本画家・東山魁夷。その生誕110年を記念して開催する展覧会です。

東山魁夷は、清澄で深い情感をたたえた風景画により、戦後の日本画の世界に大きな足跡を残しました。自然と真摯に向き合い、思索を重ねながらつくりあげたその芸術世界は、日本人の自然観や心情までも反映した普遍性を有するものとして評価されています。

明治41年(1908)、横浜に生まれた東山魁夷は、東京美術学校を卒業し、ドイツ留学の後、太平洋戦争への応召、肉親の相次ぐ死といった試練に見舞われますが、そうした苦難のなか風景の美しさに開眼し、戦後はおもに日展を舞台に「残照」や「道」といった風景画の名作を数多く発表しました。

この展覧会では、東山魁夷の画業を、京都シリーズをはじめとする代表作の数々でたどるとともに、東山芸術の記念碑的大作である「唐招提寺御影堂障壁画」が特別出品されます。東京では10年ぶり、京都では30年ぶりに開催される本格的な回顧展、この機会にご高覧ください。


CHECK POINT

【関連イベント】講演会

会場:京都国立近代美術館 1階講堂
料金:無料(ただし、当日の展覧会観覧券が必要です)
定員:各回100名(事前申込不要/ただし展覧会の観覧券が必要です)
※各回当日10:00より、1階受付にて整理券を配布します(定員に達し次第配布終了)

鑑真和上の教えと東山魁夷画伯


日時:2018年9月1日(土)14:00~15:00
講師:西山明彦師(唐招提寺 長老)

窓と帽子―東山魁夷を読み解く


日時:2018年9月8日(土)15:00~16:30
講師:野地耕一郎(泉屋博古館 分館長)

東山魁夷―市川からの旅立―『残照』『道』制作のころ


日時:2018年9月23日(日)14:00~15:30
講師:河合正朝(千葉市美術館館長)

【関連イベント】日本画ワークショップ「開いてびっくり!魁夷の世界」

日本画の画材にふれて、東山魁夷の作品の世界をたっぷりと味わってみませんか?
日本画で使う画材(筆、岩絵の具、絵皿、紙や絹)について学んだあと、デカルコマニー(紙を折って絵具を転写させる技法)を駆使し、日本画材を用いた作品の制作にチャレンジします!

日時:2018年9月15日(土)【1】10:00~12:00/【2】14:00~16:00
講師:三橋 卓氏(京都市立芸術大学講師、景聴園メンバー)
定員:各回20名(事前申込制・先着順受付/小学生以上対象)
会場:京都国立近代美術館1階講堂
料金:1,000円

※定員に達し次第受付終了となります。
※申込はメールにて、8月29日(水)10:00より行います。
 →申込・詳細はこちら

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗