没後180年 良寛遺墨展

2010/06/04 ~ 2010/07/19


【何必館・京都現代美術館】

何必館・京都現代美術館



江戸時代の僧・良寛(1758~1831)は、新潟県出雲崎の大庄屋の長男として生まれ、18歳で剃髪後、禅寺で修行を積みます。
しかし、良寛が
そこで見たものは、僧侶の堕落した生活と、浅薄な道心でした。
良寛は「僧に非ず、俗に非ず」と覚悟を決めます。そしてふたたび故郷へ戻ると、生家で乞食行を自らに課し、どこまでも深く自問自答を繰り返し、内省的な日々を過ごします。そしてその日々の中で数多くの書作品を生み出していきました。

それらは「人間の是非、看破に飽く」と放下し、任運に転ずる良寛の、滔々(とうとう/物事が留まることなく流れていくさま)たる自然(じねん)の姿そのままの書といえます。



2010年はその良寛の没後180年にあたります。
その180忌法要が比叡山延暦寺にて行われることを記念し開催されるのがこの「良寛遺墨展」。
何必館が所蔵する「君看雙眼色 不語似無憂」「土波後作」「戒語」や六曲一双の「手毬屏風」といったコレクションを中心に、約50点を展示します。


これまでにない、良寛の名品による展覧会を是非お楽しみ下さい。


CHECK POINT

庶民とともに生きた名僧の人柄を、書から味わう。

良寛は欲がなくものに執着しない性格の人で、生涯自分の寺を持つことはなく、その傍らで、自らの質素な生活を人に示し、わかりやすい言葉で人々に仏法を説きました。その姿勢は、周囲や様々な人から共感や信頼を得ることになります。
また、子供たちを特に愛し、かくれんぼや毬つきなどでよく一緒に遊んでいました。高名な人物からの依頼は断っても、子供たちにせがまれると―例えば凧に文字を書いて欲しい、といったように頼まれると快く応じてその場で一筆書いてあげた、という逸話も残されています。
周囲の人々に愛された良寛が残した、和歌や漢詩などの作品の数々。その書にはその人柄がにじみ出ています。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗