1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都高島屋 7階グランドホール
  5. 魅惑の赤、きらめく金彩 加賀赤絵展

魅惑の赤、きらめく金彩 加賀赤絵展

2013/01/06 ~ 2013/01/21


【京都高島屋 7階グランドホール】

京都高島屋 7階グランドホール

知られざる九谷焼の赤絵、「加賀赤絵」。
中国との交易を通じて日本にもたらされた陶磁器の名品は、大名や大商人、茶人たちに大きな憧れをもって受け入れられました。

華やかな赤絵は人々の心を魅了し、茶の湯や食文化の円熟と共にわが国独自の発展をとげました。
特に、加賀赤絵誕生には、京都の名工・青木木米(あおき・もくべい)と永楽和全が深く関わっています。


加賀藩は、江戸時代後期に青木木米を招き、藩の春日山窯で中国赤絵の写しなどを作らせようとしました。その技術と意匠は、若杉窯、宮本屋窯など再興九谷諸窯に受け継がれるうちに細描化し、全面を小紋と絵画で埋め尽くした独自の作風を生み出しました。


鶏声磯ヶ谷美術館蔵
また、幕末には永楽和全が金彩の技術を伝え、きらびやかな赤絵金彩が出現します。
明治に入ると、赤と金で彩られた九谷焼は主力輸出品のひとつとなり、1876年のフィラデルフィア万国博覧会や1878年の第3回パリ万国博覧会に出品され、ヨーロッパでは九谷焼の一大ブームが起こりました。
1887年には、九谷焼が陶磁器輸出額の第1位となり、九谷焼全生産量の約8割が輸出されました。

この展覧会では、加賀藩主・前田利常が寄進したとされる中国・明時代の「万暦赤絵五彩大花瓶」から、江戸時代の再興九谷諸窯、万博などに陳列されたジャパン・クタニ、そして富本憲吉や北大路魯山人など近現代作家まで、加賀赤絵の名品約150件を一堂に集めて展示します。
その華やかな美の系譜をお楽しみください。
CHECK POINT

【特別企画】古美術と花のある空間

明治初期に海外で一大ブームを引き起こしたジャパン・クタニが日本へ里帰りしました。
出品作品の中から3つのシーンを想定して、ジャパン・クタニ、現代の漆器やガラス、銀器とアートフラワーをコーディネートし、華やかな空間をご覧いただきます。
古美術を取り入れた現代のおもてなしをお楽しみください。
※アートフラワー制作:飯田恵秀(深雪スタジオ)

【関連イベント】ギャラリートーク/絵付け実演/絵付け体験/細字実演

ギャラリートーク


加賀赤絵の作家の先生が展示作品をご案内します。

日時:2013年1月6日(日) 11:00~、14:00~
出演:福島武山
※展覧会の観覧券が必要です

「赤絵細描」実演


加賀赤絵の技法のひとつ「赤絵細描」を実際にご覧頂けます。
作家の高度な技をぜひご覧ください。

日時:2013年1月6日(日)15:00~17:00(途中休憩あり)
出演:福島武山
※見学無料

伝統工芸九谷焼とウルトラマン 絵付け体験(有料)


石川県能美市による、九谷焼の絵付け体験です。
ウルトラマンのキャラクターたちの人形を選び、絵付けを行います。
作品は焼成後、ご自宅へ返送いたします。

※事前申し込みは不要です。その場で随時参加できます。
※参加費には人形代、及び焼成代が含まれます。
※返送料は参加費とは別途必要です。

日時:2013年1月12日(土)11:00~17:00(途中休憩あり)
参加費:ウルトラマン、バルタン星人、ピグモン 各1,100円/カネゴン 1,500円

「細字」実演


九谷焼の技法のひとつ「細字」を実際にご覧頂けます。
作家の高度な技を直にご覧ください。

日時:2013年1月19日(土)11:00~17:00(途中休憩あり)
出演:田村星都
※見学無料

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗