1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 大西清右衛門美術館
  5. 平成25年秋季企画展|開館十五周年記念 初代浄林・二代浄清

平成25年秋季企画展|開館十五周年記念 初代浄林・二代浄清

2013/09/06 ~ 2013/12/23


【大西清右衛門美術館】

大西清右衛門美術館

千家十職の釜師・大西家は江戸時代のはじめからおよそ四百年、現在も工房を構える京都・三条釜座の地で、十六代にわたり茶の湯釜の伝統と技を受け継いできました。

大西清右衛門美術館は、大西家に伝来した茶の湯釜をはじめ、種々の茶道具や制作用具のほか、釜座ゆかりの古文書などを広く公開し、後世に伝える場となることを願い、平成十年に開館しました。開館十五周年を迎える今秋、その節目を記念して、大西家の初祖である浄林と、その弟で当代随一の名工と謳われた二代浄清の作品を一堂にご紹介します。

古田織部や小堀遠州、千宗旦など、時の茶人たちの要望に応えるべく磨かれた技から生み出された作品は、繊細かつ創造性にあふれ、鉄の鋳物からなる茶の湯釜独特の枯淡味のなかに瀟洒な趣きを漂わせます。茶の湯釜の魅力を存分に伝える彼らの作品を、この秋ぜひご高覧ください。


CHECK POINT

【関連イベント】京釜特別鑑賞茶会/京釜文化講演会/京釜鑑賞会/親子で学ぼう!茶釜と体験茶会

京釜特別鑑賞茶会


「開館十五周年記念茶会」


美術館の開館15周年を記念して解される特別茶会です。

日時:2013年12月7日(土)、8日(日)
   各日 10:00~/11:20~/12:40~/14:00~
【内容】
聞香席:畑正高氏(松栄堂主人)
薄茶席:大西清右衛門(美術館館長)
点心席:京都吉兆
参加費:一般23,000円/友の会会員20,000円(入館料含む)
定員:各席20名
※記念品:南鐐菓子切(新作)、大西清右衛門美術館特製手ぬぐい(新作)付

京釜文化講演会


「開館十五周年記念講演会」


当代・大西清右衛門館長自らの解説による特別講演会。
今季の展示作品の詳細解説・見どころ、工房での作業などを、実際の作品と映像と共にお話してくださいます。
今回は、大西清右衛門の建築設計を務められた中村昌生氏をゲストに、先代浄心との交流や設計に関してのお話、中村氏の好まれる茶の湯釜について対談形式でお話を伺います。


日時:2013年10月27日(日) 13:30~15:00
講師:〈対談〉中村昌生氏(京都工芸繊維大学名誉教授)×大西清右衛門(美術館館長)
参加費:一般 2,500円/友の会会員 1,800円 (呈茶・入館料含む)
定員:30名

京釜鑑賞会


学芸員さんの解説のもと、大西家歴代の作品などを実際に手にとって鑑賞できます。

日時:2013年9月28日(土)、10月12日(土)、10月29日(火)、11月9日(土)、11月29日(金)、12月14日(土) 各日13:30~
参加費:一般 1,500円/学生 1,000円/友の会会員 1,000円(呈茶・入館料含む)
定員:各回15名
※5名様以上でのお申込みは、上記の日程以外でも可能です(料金は上記と異なります)。

親子で学ぼう!茶釜と体験茶会


「茶の湯釜って、どんなもの?」
お茶室で楽しくお茶会をします。皆でお茶を点てたり、大切に使われてきた茶の湯釜にも触ってみよう!
子どもと一緒に茶釜と茶の湯の世界を体験できるイベントです。

日時:2013年11月23日(土・祝) 13:30~
参加費:子ども 1,000円/保護者 1,500円(入館料含む)
定員:18名

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗