1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 相国寺承天閣美術館
  5. 伊藤若冲の名品展 ~【重要文化財】鹿苑寺(金閣寺)大書院旧障壁画五十面全面展示~

伊藤若冲の名品展 ~【重要文化財】鹿苑寺(金閣寺)大書院旧障壁画五十面全面展示~

2013/06/08 ~ 2013/09/29


【相国寺承天閣美術館】

相国寺承天閣美術館

伊藤若冲(1716-1800)は、近世の京都画壇において特に個性的な画風をもって知られています。
若冲は京都・高倉錦(錦市場)の青物問屋の跡取りとして生を受けますが、人生半ばにして家業を弟に譲り、本格的に絵の道に進みます。その後、縁あって相国寺の第113世住持・梅荘顕常(大典禅師)との知遇を得、若冲は大典を生涯の師とし、親しい友人としても交友を深めました。
若冲は師から禅の教えや文芸の指導を受け、狩野派や琳派のほか、中国の宋や元の技法、さらには清王朝の画家・沈南蘋の画風も学び、独自の写生画を完成しました。

 

今回の展覧会では、若冲の傑作のひとつである鹿苑寺(金閣寺)大書院旧障壁画(重要文化財)の全50面展示公開するほか、伊藤若冲の名品の数々をご紹介します。

また、併催展として、若冲と同じく江戸時代に制作された絵画や工芸の名品を紹介する「江戸時代の絵画と工芸品」展も開催します。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗