1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 角屋もてなしの文化美術館
  5. 財団設立20周年記念「重文角屋の附指定品と非公開資料展」

財団設立20周年記念「重文角屋の附指定品と非公開資料展」

2009/09/15 ~ 2009/12/15


【角屋もてなしの文化美術館】

角屋もてなしの文化美術館

2009年の10月2日に財団法人角屋保存会が20周年を迎えることを記念して開催される展覧会。
今回は、初公開の重要文化財附指定品や通常は非公開の二階座敷の襖など、初公開・現在非公開の作品を中心に展示します。

主な展示品としてはまず、初公開の資料では、角屋の建物が昭和27年に国の重要文化財指定を受けた後、昭和55年に追加で重要文化財附指定をされた品々があります。
それらは、延宝年間(1673~1680)に制作されたと推定されている「板絵図」は、昭和25年頃に角屋の台所階段下物置から発見されたもので、現在に至るまでの角屋の増改築の経緯を辿ることが出来るものです。

他には二階の「翠簾の間」の襖絵なども描いている江戸中期の画家・山田峨山の筆による「馬図」がございます。もともと、松の間の衝立に描かれていたものですが、文政4年に岸良の「布袋図」と取り替えられたものの、廃棄されることなく遺されていました。また、彼と深い交流のあった角屋七世亭主・徳右衛門(俳号徳野)は、家訓「富而無驕(富んで驕(おご)るなかれ)」の額を遺しており、角屋が昭和の時代まで永続し得た、商いの精神を感じることができます。

このほかにも、今回一般に初公開されるもの、非公開のものなど、絵画から書、建築資料など伝来する様々な品々を数多く展示。
島原が生まれたその当初から連綿と建物・家督を維持し続けていた角屋だからこそ伝えられてきた、風流の品々をご紹介します。


CHECK POINT

今回だけの特別な時間。通常非公開・初公開の品々で、華麗なる歴史と文化を辿る。

華やかな花街文化の遺構であり、歴史の重要な舞台でもある角屋。
そこに受け継がれてきた行事や時代風俗を物語る品々や建物を守り残していこうということで、平成元年に財団法人角屋保存会が設立されました。それを記念して開催されるこの展覧会では、普段は見られない貴重な品々の数々が公開されます。

今回の展示作品には、前述の「板絵図」などのほかに、
仏教の宗派のひとつ・黄檗宗(おうばくしゅう)の高僧による螺鈿の額や書跡、折本600冊にも渡って残された鉄眼版の大般若経(一部を展示)なども初公開となっています。
これは、江戸初期に島原の太夫たちの中には、引退後は黄檗宗で尼となる人もいたといわれており、当時黄檗宗が流行していたということを示すひとつの証拠として、大切な資料となっているものです。
ほか、二階の展示品では、石田幽汀の「花鳥図」地袋二面(重文)、岸良筆「花車図」衝立の原画を展示。
普段は模写が展示されているものも、今回は蔵に収納されている原画が公開されています。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗