1. 京都で遊ぼうART
  2. 施設から探す >
  3. 美術館・博物館から探す
  4. 京都大学総合博物館
  5. 日本文化に見た夢 お雇い外国人建築家コンドル先生 重要文化財「ジョサイア・コンドル建築図面」

日本文化に見た夢 お雇い外国人建築家コンドル先生 重要文化財「ジョサイア・コンドル建築図面」

2009/12/02 ~ 2009/12/24


【京都大学総合博物館】

京都大学総合博物館

 


明治10年(1877)、イギリスから一人の若い建築家が来日しました。

彼の名はジョサイア・コンドル(1852-1920)。お雇い外国人として工部大学校造家学科(現・東京大学建築学科)で教鞭をとる一方、明治を代表する洋風建築である鹿鳴館などの設計にも携わりました。


 


その後、邸宅建築家としても才能を開花させた彼は、優れた作品を数多く日本で制作しました。

そのコンドルが、実は日本文化の熱烈な愛好者、そして研究者であったことはあまり知られていません。

コンドルは設計の仕事の傍らで、日本庭園やいけばなの研究にも勤しみました。
また、幕末から明治にかけて活躍した絵師・河鍋暁斎(かわなべきょうえいさい)に師事して日本画を学び、弟子として「暁英」の号を与えられました。
そんな彼の日本文化への強い関心と共感は、建築作品にも随所に表れています。

展覧会では、「日本近代建築の父」とも呼ばれるコンドルが遺した美しい建築図面「ジョサイア・コンドル博士建築図面」(京都大学・工学研究科建築学専攻所蔵/重要文化財)全468点のコレクションから選んだ原本約30点を展示します。
併せて、西洋に日本文化を紹介したコンドルの著書も紹介。
彼が日本文化に見た夢の軌跡を辿ります。


CHECK POINT

記念講演会『ジョサイア・コンドルと日本文化』

展覧会に合わせ、記念講演会が開催されます。
「日本近代建築の父」ジョサイア・コンドルは、生け花や絵画、庭園、建築などの日本文化をを愛し、自ら学び、研究しました。
こうした軌跡をたどりながら、彼の遺した美しい建築図面(重要文化財)と現存する建築作品について語ります。

日時:12月11日(金) 14:00~15:00
場所:京都大学総合博物館ミューズラボ
講師:高橋康夫 氏(京都大学大学院工学研究科教授)
お問い合せ:京都大学図書館機構(TEL/075-753-2613)


日本を愛した「コンドル先生」の美しい絵画的な図面たち。

「日本近代建築の父」とも呼ばれるジョサイア・コンドル、通称「コンドル先生」。
彼は初めて日本に本格的なヨーロッパの建築をもたらしたと言われ、1883年の鹿鳴館(現存せず)をはじめ、東京・神田にあるニコライ堂(1891年)や数々の名家の邸宅などの設計を手がけました。
また、東京駅や大阪の中央公会堂の設計者である辰野金吾、新宿の迎賓館や東京・京都・奈良の国立博物館を手がけた片山東熊などは彼の大学での教え子に当たります。

一方で日本文化へ傾倒し、いけばなや日本庭園、日本の伝統的な建築を熱心に学ぶまさに趣味人でもあったコンドル。
奥様は日本人で日本舞踊の師匠だった方。
また、戯画や諷刺画、妖怪画などでもよく知られている絵師・河鍋暁斎に弟子入りし、日本画家としての雅号「暁英(きょうえい)」まで与えられたのは有名な話です。
日本文化を紹介する本も彼は幾つか出版していますが、特に師匠・暁斎について書いた本は、一躍暁斎をヨーロッパで葛飾北斎にならぶ有名人にしてしまいました。
結局彼は来日以来ほとんど日本を離れることなく、最後は東京でその生涯を閉じています。

とにかく日本文化が好きで好きでたまらなかった「コンドル先生」。
そんな彼の残した図面はまるで設計図というよりは絵画作品のような美しさです。
今回公開される図面は2006年に重要文化財指定を受けたもので、最新の技術で傷んだ部分はデジタル修復されています。また、デジタル拡大によって細部のデザインまでよく見えるようになっているので、繊細優美なデザインを、じっくりと味わえます。


自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗