放射能と人類の未来

2012/05/15 ~ 2012/07/27


【立命館大学国際平和ミュージアム】

立命館大学国際平和ミュージアム


2011年3月11日に起きた東日本大震災は、東北地方に津波による未だかつてない被害をもたらしました。
なかでも、福島第一原子力発電所の事故は、大量の放射性物質を放出し、健康や環境への影響について大きな不安を与えました。
放射性物質による被ばくは、赤ちゃんや成長期の子どものからだに大きな影響を及ぼすと言われています。
また農業や漁業をはじめ、人々の生活に大きな打撃を与え、福島を離れて暮らす多くの人たちを生み出しています。

今後のわたしたちの生活において、今回の原発事故の事実を正確に理解し、拡散した放射性物質の問題点について正しい知識を持つことが必要です。
「放射能とはなにか」「被ばくからどのように身を守るか」「未来のエネルギーはどうあるべきか」ということを正確な知識とともに学ぶことは、さし迫った問題となっています。



この展覧会では、パネルや計測器具の展示等を通じて、放射能を「知る」・放射能を「防ぐ」・放射能を「考える」という視点から、放射能や被ばくについての基礎知識、原子力の利用や原子力発電所をめぐる歴史を展示し、これからどのように放射能について学んでいけば良いのかを問いかけます。


会場ではバーチャルリアリティによる「バーチャル原発ジオラマ」(金・土曜日10:00~15:00実施)や、サイコロを用いたゲームで学ぶ「コロがシティ」(毎日実施)などの体験企画もあります。
CHECK POINT

【関連イベント】公開記念講演会「放射能リテラシーのすすめ」

日時:2012年6月10日(日)13:30~15:30
場所:立命館大学 衣笠キャンパス 以学館1号ホール
講師:安斎育郎(国際平和ミュージアム名誉館長、立命館大学名誉教授、安斎科学・平和事務所所長)

※ 聴講無料・事前申し込み不要
※駐車場はございません。お車でのご来館はご遠慮ください。

【関連イベント】スライドトーク「イラクからフクシマへ~放射能汚染地帯を歩いて」

日時:2012年7月14日(土) 13:30~15:00
会場:立命館大学 衣笠キャンパス 充光館301号教室
講師:豊田直巳(フォトジャーナリスト)

※ 聴講無料・事前申し込み不要
※駐車場はございません。お車でのご来場はご遠慮ください。

自分のブログ・サイトで紹介する時は、貼り付け用ソースをお使いください。



  • 京都で遊ぼう総合TOP
  • 京都で遊ぼうART
  • 京都で遊ぼうMUSIC
  • 京都で遊ぼうSTAY
  • 京都の銭湯
  • 京遊本舗